ブログトップ

心臓に吹く広がりある風。


神の愛は、優しく、時として激しい。
わたしのまわりで起きる大変な現象は、
わたし自身に対する学習と加護のための警告なのかもしれない。
もしも、意識の変化によってそれを見ているなら
わたしは確実に正しい選択をしなくてはならない。
それがきっと縁ある人を守ることになって、
わたしの見る景色を、最善な現象に変えるのだから。

神々はいつも先回りしてわたしを守ろうとする。
神々の意思とわたしの意識が、絶えずひとつでありますように。
わたしが善を信じきることで、見えてくる景色が、光に満ちますように。
b0023052_920556.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2004-11-27 09:18 | 詩。