ブログトップ

お菓子作りと図書館と探し物。


b0023052_18355297.jpg
今日は初めてキャラメルを作ってみました。三温糖と脱脂粉乳とハチミツをお鍋でコトコト煮詰めます。130℃に上がったら、バターを加えて冷ました後、型に流して冷蔵庫へ。
本来は生クリームを使うのですが、脱脂粉乳で代用してみました。
ほわんとしていて、口の中に入れたらすぐ溶けてしまいそうなほどやわらかいキャラメルになりましたが、近いものはできたみたいです。
今度はミルクファッジにもトライしてみようかな。







b0023052_18402449.jpg
ヒカルちゃんのご飯は今日もシチュー。豆乳がなくなるまではしばらくシチューが続きそうです。今日は作業が早くて時間があったので、オニオンの炒めご飯も作りました。
ヒカルちゃんが、アルアル大辞典で見た、という文字を書く性格判断をしてくれました。
「この言葉を書いてください。」と言われて書くと、目を丸くして、「すごい!すごい!」とヒカルちゃん。その後、右脳を鍛える問題、などを教えてくれました。なかなか興味深かったです。(笑





帰って来てからライオンの顔を持つ女神様と図書館に行きました。
女神様がわたしのために、数学の本を一冊選んでくださって、あとは一緒にお菓子作りの本を見たりしていました。女神様は和菓子の『げっぺい』の作り方をお探しになっている模様。
わたしは、体に良さそうなお菓子のレシピ集と、ステラおばさんのアーミッシュカントリーのお菓子、のんびり手作り日曜日という本を借りました。

最近、数学を1から勉強しよう、ということで、数学の本を探しています。
ライオンの顔を持つ女神様には、まるでこの世の人とは思えないほどお美しく、賢いお兄様が二人いらっしゃるのですが、最近そのお兄様に、「何か良い数学の本はないかなー。」と伺ったら、「ニャロメのおもしろ数学教室、あれはおもしろかったぞ。」とおっしゃったのだそうです。
わたしは小学生の頃、二回くらい上のお兄様をお見かけしたことがありました。
当時12歳だったわたしは、まだライオンの顔を持つ女神様とは出会っていなくて、その存在も存じていませんでした。ただ、彼女の従兄弟であるさっちゃんと一緒に、小さな子供たちのお世話をしていました。
旅に出ておいで、と言われて旅に出たときの事です。出先で体重計に乗っているわたしのところに真っ白なお兄さんが、「軽い!軽い!」と微笑みながらやってきたのでした。
軽い軽い、といわれたので、その場は、そうですねとか言ったような気がします。それと同時に、見知らぬ人に話し掛けられて、いったいこのお兄さんは何者なのだろう、と考えていたり。でも、当時はそういうことも多かったのでさほど気にはなりませんでしたが。。。

2回目にお会いしたのはそれから一ヵ月後くらいだったと思います。夜、休もうとしているわたしのところに苺ちゃんがやって来て、突然、「今から16歳の女の子を励ましに行くから一緒に行こう。」と言って、わたしを女の子のところに連れて行ってくれたことがありました。
それが、天才的な美的センスを持つみっちゃん、でした。その時も、出先にお兄様がいらして、「みんなで励ましてあげてね。」と微笑みながらおっしゃっていたのでした。
子供ながらも、「あの人、誰?」とわたしが苺ちゃんに聞くと、「わたしのお手伝いしている人。綺麗な人だよね。」と。本当に観音菩薩のような方でした。
その後、妹であるライオンの顔を持つ女神様にお会いして、いろんなことがわかったのですが、学生時代は心理学を学ばれていたとか。それもトランスパーソナル心理学だったようです。最初、人間科学部を選んだけれど、後から変えた、とのことでした。
最初から関心を向けている分野が心理学や人間科学、というところが、人間性を物語っていて、そのお話をどこかで読んだ時に、わたしは非常に納得したものでした。

ライオンの顔を持つ女神様は、国語力に非常に秀でていらっしゃり、お兄様方は論理的思考をされる方々のようです。
わたしの中学の頃の親友も含め、たくさんの数学を愛する方々がいらっしゃいます。
わたしは音楽や美術、国語が好きだったりするけれど、数学や物理学も実はすごく気になっているんですね。

もし、このブログを読んでいらっしゃる方の中に、ニャロメのおもしろ数学教室を持っている、という方がいらっしゃいましたら、貸していただけるととっても嬉しいです。

目次にはこんな項目があるみたいです。


第1章 0の発見
第2章 分数の誕生
第3章 アルキメデスの原理
第4章 ゼノンのパラドックス
第5章 ニャロメの面積は?
第6章 ガリレオ・ガリレイはガリベン・ガリレイではないのだ
第7章 ユークリッドの原論とは?
第8章 怪盗Xは解答Xなのだ
第9章 マイナスはプラスになるのだ
第10章 三次方程式はホーテエ男が解いたのだ
第11章 方程式をグラフにして宝探しなのだ
第12章 怪人正二十面体なのだ
第13章 確実でなく確率なのだ
第4章 オヤブンとビブンはどう違うか!?
第15章 宇宙に飛び出した数学
[PR]
by ami-cosmo | 2004-12-08 19:22 | メモ。