ブログトップ

There is no happiness in having or in getting, but only in giving.

クリスマスプレゼントは何を贈る?
b0023052_22261391.jpg


b0023052_2259324.jpg

わたしが今年のクリスマスに、尊敬と感謝の思いを込めて贈ったのはこれ。
世界にひとつだけしかない、手作りのケーキとクッキー、お茶の詰め合わせ。

濃厚な詰め合わせになるように、ここぞとばかりに詰め込みました。
一気に食べたら気持ちワルくなること間違いなし。
太鼓判押して保証します。







b0023052_230359.jpg

パッケージも凝りにこって、一週間前くらいから毎晩紙工作の日々を過ごしたため、
わたしの机の上は幼稚園か何かみたいに、キラキラの折り紙の切れ端で大変なことに。

前日は睡眠を削って仕上げようとしたのだけれど、お友達の分が、パッケージは間に合わなかったりしました。
完成してから送った方がいいかな、と思ったのですが、季節モノなのだからその日に贈らなきゃ意味がない!と思って、夜7時に閉まる宅急便屋さんを目指して、40分前くらいに自転車を跳ばしてたどり着きました。




b0023052_22322058.jpg
お菓子は2日~3日かけて納得のいくものを作りました。
今回お世話になったのは、最近図書館で借りた ステラおばさんのアーミッシュカントリーのお菓子。 時の流れをゆっくりと見つめる人々の暖かさが伝わってくるような、素敵なお菓子がたくさん紹介されているのです。

その中から、今回のクリスマスプレゼントで作ったお菓子を、わたしが作ってみた写真を載せながら、ご紹介します。






b0023052_2234230.jpg

サクッとしていて、口の中で溶けてしまいそうな、ソフトシュガー・クッキー。

b0023052_2235532.jpg

ナツメグはいれなかったけれど、ナツメグ・ハーミッツ。くるみの代わりに砕いたアーモンドを入れました。

b0023052_22362488.jpg

ピーカンナッツ・バタースコッチ。ピーカンナッツの代わりにカシューナッツを入れてみました。爽やかで上品な味になりました。

b0023052_22383117.jpg

おなじみのアメリカン・クラシック・クッキー。

b0023052_5165279.jpg

オーツの入ったヘルシー・クッキー。本来は全粒粉も入れるみたいです。


b0023052_2332217.jpg

アプリコットとレーズンのパウンドケーキ。この他に黒ごまパウンドケーキなど2種類も。

b0023052_22395026.jpg

これはオリジナルで考えてみたミニケーキ。
白い方がフロスティングにココナッツロングをのせたもの。もう片方は、オレンジジャムにスライスアーモンドをデコレーションしたもの。三角形のショートケーキも良いけれど、やっぱり丸が良いかな、と思って、型抜きしました。

b0023052_22271939.jpg


今回のクリスマスは、当日も午前からお昼過ぎと夜から深夜にかけて、ひたすらお菓子作りをしていました。
途中、図書館に行ったりもして、工場から図書館の間を自転車で3回くらい行ったり来たりしました。
そうそう、図書館でとっても不思議な現象があったのです。
もう、図書館が閉まって、近辺の施設のテーブルに座っていたら、突然不思議な人が現れました。
かなりの至近距離にいるその人は、まるで驚いて身動きがとれない、という様子でこちらを凝視しているのです。  わたしは、 え?  と思って、ちょっとコワかったので、会話をしているふりなどしてみました。 自動販売機で何かを買いにきたもようのその人は、それでも目を離さずに見ています。 う~ん。。。どうしたのだろう。。。
わたしが、何か?という感じで首をかしげると、「ああ、どうも。」と言ってまだ見ています。
もしかして、背後に赤鬼さんでもいたのでしょうか。
一度別のところにいって、良かった、と思っているとどうでしょう。
もう一度現れたのでした。 さすがにわたしは別の場所に移動しました。
でも、ただ、お友達になりたかったのかもしれないですね。 お友達になったら良かったかな。

プレゼントを贈った方から『ありがとう』のメールが。思った以上に喜んでいただけたみたいで、その喜びのメッセージを読んでいると、本当に『嬉しい』っていう気持ちが伝わってきて、
自分自身まで嬉しくなってしまうのです。わたしにとっては、何にも変えがたいプレゼントに他なりませんでした。
遠くに住んでいる祖父母にも、かなり喜んでいただけたもよう。チワワのマミちゃんが反応していたとのうわさ。

b0023052_23141910.jpg
織の子、jujuから送られて来たツリーの写真。
jujuの贈った物語の結果のお話も楽しみにしているね。


b0023052_5305022.jpg
b0023052_23155416.jpg
yumiちゃんから送られて来たクリスマス画像。yumiちゃん、久々のメールでした。
また会えたらいいな。




自称祈りの乙女、ちーちゃんから、「残り少ない2004年を楽しく過ごせますよう祈ります。」とのお祈りメールが。(電波)っていうのが面白かった。笑
チハルさま久々の降臨です。今度は是非、ご住所を教えてくださいませ。
お菓子を送りつけさせていただきます。真心込めてお届けいたします。


素敵な音楽を送ってくださった方、ありがとうございます。
やっぱり時代はお豆腐ですね。

そしてわたしのために、寒い中あり得ないくらい凄い努力をしてくださった方、本当にありがとうございます。

心を込めてお菓子を作ったからかもしれないけれど、信じられないことが起きたの。
予想はしていたけれども。神々、本当にありがとう。

この日に贈ったプレゼントは、わたしが今まで生きてきた中で、一番納得のいくものに仕上がったと思います。
お菓子を作れるということが、この上なく幸せなことだと心から思いました。
わたしがお菓子作りができるよう見守ってくださっている神々、そして、お菓子作りができるわたしを産んでくださった、母上と父上に感謝します。

そして、お菓子作りの心強い友となってくれた本、『ステラおばさんのアーミッシュカントリーのお菓子』 ありがとう。

わたしはどちらかというと、キリスト教よりも、仏教的思考をする人種なのだけれど、(キリストという人物自体は尊敬し賛美しています。)感謝の意と尊敬の念を現すには、このクリスマスの日はよい機会になるかな、と思ってとりくんでみました。


b0023052_2258457.jpg

クリスマスプレゼント計画は堂々笑顔で全勝。
(本当なミニケーキにキャンドルをつける用意をしていたのに、入れ忘れたことは秘密ね。)
深夜の工場で、一人ニコニコしてしまうあやしい人物、秘密の花園ケーキファクトリー創立者のami_cosmo。

ここ最近、平均睡眠時間が3時間くらい(わりと寝ている方か)だったわたしは、一連の出来事の後、お気に入りの寝袋(はぁと)で安らかに寝かせていただきました。起きた時は充実感に満ちていたことはいうまでもありません。


誰かのために何かを作るのは本当に素敵だな、と思えた1日でした。

b0023052_5333035.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2004-12-28 22:56 | 手作り。