ブログトップ

命の在り方。


先日、心安らぐ言葉を綴る方にご紹介していただいた文を、こちらでもご紹介します。

一秒一秒、私たちは
宇宙のあらたな二度と訪れない瞬間に、
過去にも未来にも存在しない瞬間に生きているのだ。
それなのに学校で児童になにを教えているのか。
二プラス二は四とか、
パリはフランスの首都であるといったことは教える。
いつになったら、子供たちの何たるかを教えるのだろう。

子供たち一人ひとりに言わなければならない。
君はなんであるのか知っているか。
君は驚異なのだ。二人といない存在なのだ。
過ぎ去った何百万年の昔から君と同じ子供はいたことがないのだ。
ほら君のからだを見てごらん。実に不思議ではないか。
足、腕、器用に動く指、君のからだの動き方!
君はシェイクスピア、ミケランジェロ、
べートーヴェンのような人物になれるのだ。どんな人にもなれるのだ。
そうだ、君は奇跡なのだ。

だから君が大人になったとき、
君と同じように奇跡である他人を傷付けることができるだろうか。
君たちは互いに大切にし合いなさい。
君たちは―われわれも皆―この世界を、
子供たちが住むにふさわしい場所にするために
働かねばならないのだ。


 私は今までになんと驚異的な変化と進歩を
目撃してきたことだろう。
科学も産業も宇宙開発も、まさに驚異的進歩をとげた。
それにもかかわらず世界は
今も飢餓と人種上の圧迫と独裁に苦悩している。
われわれの行動は依然として野蛮人に等しい。
未開人のように地球上の隣人を恐れる。
隣人に向かって武器をもって防衛する。
隣人もまた同様である。

私は、人間の掟が殺すべしという時代に
生きなければならなかったことを嘆く。
いつになったら人類が同志であるという事実に
慣れ親しむときがくるのだろう。


 祖国愛は自然なものである。
しかし、なぜ国境を越えてはならないのか。
世界は一家族である。
われわれ一人ひとりは兄弟のために尽くす義務がある。
われわれは一本の木につながる葉である。
人類という木に。
                          パブロ・カザルス

[PR]
by ami-cosmo | 2005-05-02 21:22 | 平和