ブログトップ

網戸

b0023052_074350.jpg
窓の外を見ると、向かい側のお家の窓に静かに座っている白い存在。
いたりいなかったりするので、今日はいるかな、と見てみたり。

窓の縁にいるから、どうやってあの大きな胴体を固定していられるのだろう、と前からとっても不思議だったのです。

それが、先日、日中に同じ存在に再会したときにわかったのでした。
窓の外の縁にいるのだと思っていたのですが、窓と網戸の間に挟まっていたのです。
なるほど、と思いました。



わたしがしばらく見ていると、部屋に戻ろうとして、でも、網戸に胴体が挟まっていて、なかなか動けないようでした。

最近は涼しくなってきたからか、この光景は見ていません。
夏に涼んでいたのかもしれません。
[PR]
by ami-cosmo | 2005-09-23 00:07 | 近況・日常