ブログトップ

芽吹き


b0023052_18184911.jpg
こころのたびからかえって。

今回はいつもより少しみじかめなので、変化には気づかないものの、
おわってからの目に映る現象について、綴ってみます。

帰宅日は、かつていた地を歩き、hiroさんやゆかちゃんとお会いしました。

hiroさんはmamiyさんのおかげあって、絶妙なタイミングで復活。
少し前は、声も出せないほどつらかった、というのが信じられないくらい、
元のピカピカのhiroさんの目に戻りつつあって、本当に嬉しく思いました。

軌道に乗るまで、東京の地で、自己の浄化強化を頑張るとのこと。

yukaちゃんも、真実の素晴らしい保育園を作るべく、
精神的探求の日々。
保育園の方でも、自分のことを注意してくれた先生に、自ら学びたいと懇願して、
たくさんの素晴らしい要素を吸収しているようです。
真実のゆかちゃん保育園が楽しみ。
本当にその謙虚さと直向きさと前向きさ、称賛します。

最近は、春の芽吹きの力も手伝ってか、若い人たちが目覚ましく頑張っている様子。

初めて会った青年も、本質的な存在にすべてをゆだねることを、
小さな選択の中から考えていて、素晴らしいとしか言いようがありませんでした。

金剛の素焼き的存在は、
真実の医療を担うべく、更なる学習の旅へ。

懐かしい人にも、お会いできたこの日、
夕方からの踊りのレッスンにも参加しました。

ターンがたくさん入った壮大で威厳ある優美な踊り。
とっても気に入ったので、早く熟達して、心を込めて神々に供養させていただけるようになりたいと思います。

踊り、保育、拳法、ヨガ、コンピュータ、デザイン、自然食、医療、心理、数学、物理。

ひとつひとつの世界における、真の専門家が集まった時、
優れた文明の幕開けが訪れそうな、そんな予感がした、
南風の強い、暖かい春の日でした。

*写真は公園のパンジー。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-03-13 17:54 | 心の旅。