ブログトップ

プラスの魔法を使って

b0023052_19461652.jpg

わたしの生存場所には、テレビは存在しないのですが、最近オーラの泉にベッキーさんがゲスト出演されていたそうで、その中で、嫌いな人はいない、と発言されていたと聞きました。

「嫌いな人はいないです。苦手な人だとかなかなか合わないなって人はいますけど。
嫌いというのは、格好も中身も100%嫌いになって初めて言う言葉だなって思うから。
嫌いな人はいないです。」

「だってみんないいところがあるから。いいとこ探しが好きなんです。
その方が、自分も楽だと思います。」


紙に家族、友人など大きくカテゴリに書き、家族のひとりひとり、友人のひとりひとりに
感謝してから、昨日いただいた食事、今着ている綺麗な服、しかってくれた人など
すべてに感謝するそう。

そんなベッキーさんには、姉のためなら自分の存在は関係なく、命をかけて守りたいという精神を持った、妹さんがいらっしゃるとのこと。

いつも他に安らぎを与えようと努力する人の側には、その縁によって、他を思う人が存在するようになるのですね。

少し前まで、そういう人って珍しいと思っていましたが、
今若い人たちに支持されている、輝いている人は、みんなとても純粋な感覚を有しているみたいですね。

b0023052_1948992.jpg
加藤ローサさんも、

嫌いな人はいません。もっとみんなと話したいです。
 というコメントをされたことがあるらしく、
例えいじめられても気づかないふりをしてしまうのだそうです。

根から明るい明朗快活で輝く人というのは、他に対する嫌悪から解放されていて、
前向きに、直向きに生きているという共通点があるように思いました。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-03-13 18:19 | 意識の拡大