ブログトップ

合気道

武と瞑想によって精神鍛錬を行う青年、しんいさんが、合気道開祖の植芝盛平翁のことについて書かれている文章のコピーを公開されていました。
とても感銘を受けたので、ご紹介します。


合気とは敵と闘い、敵を破る術ではない。
世界を和合させ、人類を一家たらしめる道である。
合気道の極意は、己を宇宙の動きと調和させ、
己を宇宙そのものと一致させることにある。
合気道の極意を会得した者は宇宙がその腹中にあり、「我は即ち宇宙」なのである。
私はこのことを、武を通じて悟った。

いかなる速技で、敵がおそいかかってきても、私は敗れない。
それは、私の技が、敵の技より速いからではない。
これは速い、おそいの問題ではない。はじめから勝負がついているのだ。
敵が、「宇宙そのものである私」とあらそおうとすることは、
宇宙との調和を破ろうとしているのだ。
すなわち、私と争おうという気持をおこした瞬間に、敵はすでに敗れているのだ。
そこには、速いとか、おそいとかいう、時の長さが全然存在しないのだ。
合気道は無抵抗主義である。無抵抗なるが故に、はじめから勝っているのだ。
邪気ある人間、争う心のある人間は、はじめから負けているのである。

ではいかにしたら、己の邪気をはらい、
心を清くして、宇宙森羅万象の活動と調和することができるか?
それには、まず神の心を己の心とすることだ。
それは上下四方、古往古来、宇宙のすみずみまでにおよぶ、偉大なる「愛」である。
「愛は争わない。」 「愛には敵がない。」
何ものかを敵とし、何ものかと争う心は、すでに神の心ではないのだ。
これと一致しない人間は、宇宙と調和できない。
宇宙と調和できない人間の武は、破壊の武であって真の武産ではない。

だから、武技を争って、勝ったり負けたりするのは真の武ではない。
真の武はいかなる場合にも絶対不敗である。
即ち絶対不敗とは絶対に何ものとも争わぬことである。
勝つとは己の心の中の「争う心」にうちかつことである。
あたえられた自己の使命をなしとげることである。
しかし、いかにその理論をむずかしく説いても、
それを実行しなければ、その人はただの人間にすぎない。

合気道は、これを実行してはじめて偉大な力が加わり、
大自然そのものに一致することができるのである。

[PR]
by ami-cosmo | 2006-03-15 01:00 | 東洋哲学