ブログトップ

ラブ ジ ダンボールランド


b0023052_8234640.jpg
わたし、ダンボール好きアルネ。

12歳の時、託児所で子供達のお世話を泊まり込みでさせていただいていた頃、
さっちゃんと、室内にダンボールでベットを作って、
眠っていました。

薬局とかに置いてある、自分がすっぽり入れるくらいの大きな
ダンボール。

深夜になると、さっちゃんが足を伸ばして、
背もたれに耐えきれなくなったダンボールが、
バリバリバリっ とすごい音をたてて、目が覚める。

そんな素敵な生活。
そんな無敵な生活。

ある時、素晴らしき気功師が、その部屋を通りかかって、

「なんでダンボールで寝てるの?」とひとこと。

「暖かいし、一人ずつ場所が確保できます。」とわたし。

「ふーん。。。。」  と気功師。

大人には理解できない世界。
でも、素敵な世界。


そんなことを思い出しつつ、今朝、ダンボールに入ってみる。
お風呂みたいに大きなダンボール。

ダンボールから、おはようございます。
b0023052_8241348.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2006-04-14 08:24 | 手作り。