ブログトップ

実験動物 (夢日記)


5/25(木) 夢日記

科学フェスタ、みたいなものに案内されて、
会場を歩いている。

学生が研究発表などしていて、おみやげをもらう。
白いビニール製の袋に入っていて、
何をもらったのかわからないまま、帰り道を友人と歩いていると、
その中には硬いビニール製の水槽のようなものが入っていて、
その中に猫、もしくはイタチのような生き物と、
ネズミが生息している。

生きてはいるものの、バタバタしていて、
明らかに不自由そうな感じ。

ネズミが泳いでバタバタさせることによって生じる気泡が、
水の中にはいって、特殊な状態になり、
猫が生息できるようになる、
という、研究者本人にとっては画期的な発見らしい。

それは、観賞用におみやげにされたらしいけれど、
とてもそれを鑑賞したいとは思えないので、
2匹とも水から出す。

すると、猫とネズミが喧嘩を始めてしまう。
ネズミは逃げたら良いのに、弱った状態で、
猫に立ち向かっている。

もともと体力を消耗していたネズミは、猫がひっかいたことなどで、かなり衰弱。
突然水から出したことも原因かもしれないと思い、
水の中に入れるけれど、その時には完全にネズミは脱力している。
やがてネズミが携帯電話のような、小型の物質になっている。

何故こういう使われ方をするのだろう、とお友達と話している。

研究しているグループの一人、工藤さんという人から、
メールが来る。
天然パーマっぽい、やや長めの髪、細身で色はくろめ。

ネズミの生命について、目が覚めるまで考える。
b0023052_22524041.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2006-05-25 19:51 | 夢見。