ブログトップ

ダンスダンスダンス


b0023052_5224432.jpg
昨日は踊りのレッスン後、帰宅して、
更に夜中、3時過ぎまで個人練習。

まず、忘れないうちに、なおすべきところをメモ。

・左手は常に頭上より上の位置。
・出てくる時はバレエのように、首下の力を抜く。
・まわるステップは、ぼしきゅうに重心を置き、半分ずつ回る。
・後ろを向いた時に、手が上。
・早め早めで動くので、ゆっくり目に踊る。
・腕を振った時、背中が前方から見えるくらいしっかりねじる。
・完全にふりおろしてから思いっきり上げる。
・肩を一度落としてから、腕を大きく上げる。
・右手は固定したまま、左手のみ、あげる
・座るときは、ぐらつかないように
・刀は思いっきり外側から引く
・立つ、動く、さる、はゆっくり。


わたしの場合、拳法の姿勢がなじみ深いのか、
膝をやや曲げた姿勢や、まほの時だけ、
重心が安定して、少しでも足を伸ばすと、安定しない傾向にある模様。
立った姿勢で前後屈をして、常に重心が左右均等になることを意識することがポイント。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-07-03 08:13 | 踊りについて。