ブログトップ

ケーキ屋さんのお仕事。

b0023052_58388.jpg
去年の冬は、ケーキ屋さんでアルバイトをしていました。
写真は、ケーキの名前を覚えるために書いたメモ。
多奈加亭のケーキは、きらめくように美しいものばかりで、ショーケースに並べて眺めながら、いつも、こういうケーキを捧げられるようになったらいいな、と思っていました。

b0023052_5375836.jpg
わたしの働いていたお店は、喫茶と工場が一つになっているお店で、そうですね、ちょうど、魔女の宅急便に出てくるような雰囲気のお店でした。

朝はショーケースにケーキを並べるところから始まって、パンを並べたり、掃き掃除をしたり、植物にお水をあげたりするんです。
販売するケーキを入れてお渡しするための箱も組み立てます。

多奈加亭は、ケーキとは別に、焼き菓子などの箱詰めできるようなお菓子もいろんな種類がありました。

モンブランをショーケースの蛍光灯にくっつけて何回も潰してしまって顰蹙をかったりもしたけれど、このお仕事で、いろんな大切なことを学ばせていただいたように思います。
クリスマスシーズンは本当に忙しかったですね~。。。
こんなクリスマスは初めて、というくらい、慌しいクリスマスでした。

お店のお菓子は無添加、だったのですが、あの洗練されたケーキは、日本では他にはあまりないのではないか、と思うくらいでした。

贈り物やご挨拶などで、もしケーキを買われる機会があるなら、多奈加亭が良いですよ。
最近見ていないので、新作はわからないですが、カボチャのクリームケーキと、いちごのフルーツロール、武蔵野プリンがオススメです。

わたしも心を込めて、宝石のようなお菓子を捧げられるように、これからも頑張っていこうと思います。
b0023052_5131079.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2004-10-13 05:07 | メモ。