ブログトップ

キュートな訪問者さん。


b0023052_8193623.jpg
先日、ふと、室内の床を見ると、
黄緑色の、葉っぱのようなものが視界に入りました。

んー、何だろう。葉っぱ?

と思って、良く見てみると、葉っぱによく似た羽根を持つ、
蛾さんでした。

体の色は床にすごく近い色彩なので、
その場と一体化していました。

どこから入ってきたのだろう、
と考えながら、
前日に、お客様が玄関にいらっしゃるとのことで、
自分が窓から入って網戸をあけたまま
しめていなかったことを思い出しました。

あまりに愛らしいので、紙ですくってお姉様にお見せすると、
かわいいー!とのこと。

虫さんのお顔を良く見てみると、
おめめがぱっちり。
そのビーズのようなおめめの上を、
もふっとした絨毯のような毛が覆っています。

b0023052_820561.jpg
眺めていると、触覚が振動し始めたので、
こわいのかな、と思うやいなや、
突然ブーーンと飛びました。

探したけれどいないのであきらめていたら、
電気の紐に止まっていました。
両手でしっかりとひもにしがみついて、
また静かに飾りのようになっていました。


外に逃がしてあげた方がいいかな、
ここにいたいのかな、
とつぶやいていると、

b0023052_8203172.jpg
お家をつくってあげたら? とのことだったのですが、
すぐに工作する時間もなかったので、
ビニールに入れて口をあけて、
網戸のふちにおいて、出たければ出て行けるように、
いたければ居られる状態にしました。

最近、排水溝のお掃除でお庭に行った時は、
蝶々が飛んでいて、わたしが草をかきわけて通っても、
逃げようとしなかったので、住んでいるのかな?
と思いました。

よく考えてみると、以前夢にも出てきた、
レモンの木にいた芋虫さんが、
無事に蝶々になって、お庭に住んでいたのかもしれないと
思いました。

草むらのもっと奥には、少し前に迷子になっていた子猫が、
大きくなって遊びに来ていました。

お庭やおうちに、キュートな訪問者さんがきて、
賑わっていました。

お庭という、そんなに広くない敷地の中でも、
土の中でたくさんの生命体が過ごしていたり、
みんな相互に依存しあって、協力しあって
生きているのだなと思いました。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-08-26 08:00 | 近況・日常