ブログトップ

マンダラ展  ~展示編~

講演がおわり、短い時間ではありましたが、
展示の方に行きました。

障害者のつきそいということで、講演会だけではなく、
展示の回覧も無料に。

中でもとても感動したのが、
儀式の前などに、神々に捧げるトルマというお供物。
食べられるものでできているのですが、とても鮮やかで、
すべてが手作りなんて、どうやって作るのだろう、と思うほどに、
とても微細で美しいお供物でした。

もうひとつは、ブータンの、
マンダラを立体化して、中にたくさんの小さな仏像が埋め込まれた、木製の携帯祭壇。
とても鮮やかな色彩で、扉を開けると宮殿の中にたくさんの
如来がいる形式になっています。
見ていると、とても懐かしいものを感じました。

b0023052_23678.jpg
あとは、ヨーギニーや女神像がとても美しかったです。

今回のマンダラ展は、今月の24日まで開催されるそうですが、
とても密度の濃い美術展となっているので、
興味のあられる方は、是非、足を運ばれてみたら良いのではないかな、と思いました。
  
[PR]
by ami-cosmo | 2006-09-11 21:34 | 東洋哲学