ブログトップ

絵本の世界の妖精さん。


b0023052_3513683.jpg
いつか会おうね、とお話をしていた、神戸のMamichaちゃん。
ウェブデザイナーをされていて、スピリチュアリティに富んでいて、
更にとても乙女心を持った、心優しい女の子。

10月頃、東京に来ると伺っていて、
とっても気になっていたものの、
今回はスケジュールいっぱいで、
きっとお忙しいから、
わたしはまた今度にさせて頂いた方が、
良いかなと思っていたのでした。

Mamichaちゃんとは縁あって、共通のお友達がたくさんいるのですが、
そのお友達から、「まみちゃんに会いました。」という連絡が。

晴れた秋の日、真っ青の空、風の強い午後。
井の頭公園でゆめちゃんとフリマをするとのことだったけれど、
この風では大変なのではないかな、と思いを馳せつつ、
お昼過ぎになり、夕方になり、
とりあえず書店に向かいました。

それでもわたしは、お誘い頂いていないのに、
自分から会っても良いものなのか悩んでいたのでした。

考えながら、共通のお友達に連絡すると、
拳法に長けたそのお友達からは、
「amiさんにも、とても会いたいみたいでしたよ。」
とのこと。

もう、いつお会いできるかわからないのだから、
連絡してみようと思って、
書店に行く途中、ご連絡差し上げてみました。

すると、「いいよー☆ これからギャラリーに行って、
その後ごはん食べに行く予定。着いたら連絡して。」
というお返事が。
わたしがイベントのお手伝いに行っているから、
連絡できないと思っていらしたようでした。

b0023052_3521367.jpg
吉祥寺の駅につくと、 La Maison という、
パスタとケーキのお店にいるとのことで、
半年ぶりのhiroさんが迎えに来てくれました。

お店について、Mamichaちゃんとご対面。
感動の瞬間です。

今まで、メッセージやコメントなどでは、
たくさんお話したけれど、実際にお会いしたのは初めてでした。

文体も、考え方も、とてもしっかりされていたので、
キリッとした印象の方なのかなー。
とお見受けしていたのですが、
とてもホワワワワンとした、
絵本の世界から飛び出して来たかのような、
かわいらしいお姉さんでした。

お店の中では、わたしはMamichaちゃんの向かい側に座って、
Mamichaちゃんとhiroさんが並んで座っていたのですが、
隣にいるhiroさんの方が年上かと思ってしまうほど、
若々しいお方です。

東京に来られて、行ってきた場所のこと、
お友達のこと、夢見のことなど、瞑想のことなど
お話して、和やかな時間が流れました。

共通のお友達の話題になったので、
sacちゃんがとても素敵な女の子であることや、
まめさんはひどいことを書いたりもするけれど、
実はすごく優しい人であること、
sacちゃんの親友のりんごちゃんは夢をコントロールできることなどお話していました。

すると、Mamichaちゃんも、小さい頃から、
夢をコントロールできていたとのこと。
続きが見たいと思うと、すぐ見られるとのことでした。

チベット密教の夢の修行の素質を、
生まれつき持っていらっしゃるのだなと思いました。

Mamichaちゃんも、チベット密教はとても興味がおありで、
今度のダライ・ラマの日本での講演を、
とても楽しみにされているとのこと。

デザインのお仕事もバリバリとこなし、
ホワワンとした雰囲気と、
凛とした確固たる志
そして、スピリチュアリティと優しさを
併せ持つMamichaちゃんは、とっても素敵な方だなと
改めて思ったのでした。

一時期会えなくなってしまったかな、
と思ったこともあったけれど、こうして平和が訪れたことは、
神々のご加護があったからかな、と思いました。


Mamichaちゃんはこの日も、
絵本を描いているお友達のゆめちゃんのお家に泊まるとのことで、
帰り際にゆめちゃんがお迎えに来たので、
ゆめちゃんとも少しだけお会いすることができました。

実はこのゆめちゃん、以前、jujuとかりんちゃんと、
高円寺のハティフナットに行った時に、
偶然にもお会いしていたのでした。

ゆめちゃんは、わたしが初めて行ったカフェ、
ハティフナットの定員さんとして、
ロフト席までお茶を運んでくださったのです。

とてもかわいらしい、絵本の中に住んでいるみたいな方だな、
と思ったものです。

帰ってから、実はそのゆめちゃんが、Mamichaちゃんの
デザインの学校時代のお友達であることを知って、
すごく驚きました。

そんな偶然ってあるのですね~。。。

今回伺ったお話によると、ゆめちゃんは、
月に一度くらいしか、ハティフナットでは働いていないとのことだったので、かなり稀な確率で、お会いしていたようです。

以前ハティフナットに一緒に行ったjujuが、
織工芸を勉強している女の子で、
来年から織と畑の生活をするかもしれないと伝えたら、
「jujuちゃんうらやましい~。わたしも来年から、引っ越して、自分の畑を持ちたいと思ってるんよ。自分で育てた野菜だけで、カレーを作ってみたい。」
とのことでした。

絵本作家のゆめちゃんも、自然派さんだったのですね~。

そんなゆめちゃんは、12月のクリスマス頃、
ハティフナットで作品の展示をされるのだそうです。

絵本から飛び出てきたような、Mamichaちゃんとゆめちゃん。
心の綺麗な女の子は天使! と、
透明感ある女の子に目がないわたしは思ったのでした。

半年ぶりに再会したhiroくんも、
お元気そうで何よりです。

午前中からたくさん歩いていたというMamichaちゃん。
貴重なお時間と、有意義な機会を、
ありがとうございました。
是非、またお会いすることができると良いなと思います*
[PR]
by ami-cosmo | 2006-10-08 23:00 | 感謝。