ブログトップ

学ぶこと、反省すること。


b0023052_23271956.jpg
昨日は夜遅くに、お手紙タイム。
少し前までは、朝早く郵便屋さんの回収があったので、
書き終わったら夜中に出しに行っていましたが、
最近、朝早い回収がなくなったので、
今朝出しに行きました。


b0023052_23273575.jpg
今回はお手紙にあまり余白が残らなかったので、
封筒に絵を描きました。
秋の葉や木の実の挿絵。
いつも素敵な挿絵を頂いているので、
なるべくわたしも絵を描くようにしています。



聖者に書かせて頂いている、
という恩恵もあるのかもしれないですが、
お手紙を書くと、心が豊かになるような気がします。

b0023052_2328918.jpg
今日は、とても良いお天気で、
暖かなおひさまと、
真っ青な空、
爽やかな風が、少し強めに吹いていました。


ここのところ、秋の紅葉を見に行くためか、
山登りする方も増えて来たようですね。

先日、京王線に乗っていたら、
珍しい光景に遭遇しました。

それはとても元気の良いおばさま方が、
目の前一列横に座っていらっしゃいました。

左から2番目に、おじさまがいらして、
おばさまに囲まれているのですが、
とても人気者で、終始笑顔で楽しそうにお話されていました。

例えるなら、小学生が遠足に行った時のように、
とても無邪気で楽しそうなのです。
年齢を感じさせない若々しさがあって、
電車の中にいる人みんなが、
そのおばさま方ご一行に釘付けでした。

とても大きな声でお話されていて、
お話の内容も聞こえてきました。
それはおばさま特有の陰口などではないんですね。

お友達のお話をされるのですが、
みんなのことを受け入れ、
みんなが仲良くなるように促すような会話をされているのでした。
こういう方々がいらっしゃるのだなーと思いました。
おばさまもおじさまも、とても素敵な笑顔をされています。

人に良き言葉を語り、
人と人を和合させるような言葉を語り、
皆で和合し、適度に運動をされる方々は、
あのように健やかで豊かな日々を過ごされるのだろうなと
思ったのでした。
素晴らしいなと思います。


その後、中央線から埼京線に乗り換えるとき、
思わぬハプニングが。

電車が発車しそうになったため、
急いで走って乗車しようとしたのですが、
駅のホームを走っている時に、
前におばさまとおじさまのご夫婦がいらしたんですね。

わたしは小柄なので、走ってすり抜けることができるかな、
と思ったのですが、おばさまにぶつかってしまったのでした。
駅のホームなので、危ないですよね。

その後、電車におばさまも乗ってこられたのですが、
旦那様に、「つきとばされちゃったわ。」
とおっしゃっていました。

本当は、ぶつかった時点で、誤りたかったのですが、
その後満員電車で誤ることもできませんでした。

今まで車内で踏みつぶされたり、
満員電車でウォークマンの線が切れたり、と、
大変な境遇になることはあっても、
誰かを突き飛ばしてしまったことはなかったので、
とてもショックだったのでした。

そのおばさまにも、おばさまを大切に思われる、
旦那様や、お子様やなどのご家族、
お友達がいらっしゃるでしょうし、
その方々にも申し訳ないなと思いました。
おばさま、本当に申し訳ありませんでした。

急いでいても、他を配慮し、
危険の及ぶようなことをせず、
しっかりとまわりを見渡して、
ゆったりと過ごしたいなと思ったのでした。

大切なことを気づかせてくれた、
この日見た光景、そして出来事に、
感謝したいと思います。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-11-07 23:26 | 気づき 超えること。