ブログトップ

アーティスト。


最近のお知らせ

小説家であり画家であり写真家であり音楽家である旅人、幻水さん改め
キックあのね さんがついにネパールの写真で賞をとったとのお知らせがありました。
雑誌に記載されたとのことなので、詳細は追ってご連絡します。
その流れに乗ってか、弟さんも賞を受賞したとか。
キックあのねさんは、ずーーーっとアジアを旅されていて、ほとんど日本にお住まいではありません。先日来た受賞のご連絡でも、「明日からまた旅に出ます。」と書かれていました。

日本よりもタイの方が居心地が良いのかな、と思っていたのですがタイやバンコクにお友達がたくさんいらっしゃるようです。
でも、向こうの国では近所迷惑という言葉が存在しなくて、平気で家の中でカラオケしていたり、大音量で音楽を聴いているのがあたりまえなのだそうです。
わたしも今、ブラジル人の方々の隣に住んでいるので、何となくその様子がわかってきました。
タイでは時間の感覚も凄くルーズで、1時間2時間遅れるのが普通だとか。。
でも、子供達がとってもかわいいのだそうです。
以前、子供達の写真を見せて頂いたことがあるのですが、本当にみんな目がキラキラしていて、かわいい笑顔でした。

子供達と一緒に遊ぶ時のために、折り紙を教えてほしいということだったので、2年くらい前、に少しですが、わたしの知っている折り紙をお伝えしました。
縫い物もできないとのことだったので、簡単な巾着も。ほとんどわたしが作ったのだけれど
その巾着がカメラ入れとなって今回お役にたてたのは嬉しい限りです。
今後も良い写真をたくさん撮って帰ってこられたらいいなと思います。

キックあのね、さんは日記帳はつけていらっしゃらないのですが、そのかわりに、中学生くらいの頃から、創作ノートのようなものを1年ごとに作られていて、それがものすごく新鮮でした。 タイ語を勉強したノートの文字の上に、その日買った物のレシートとか、新聞の切り抜きとか、お友達とのメールの一文とか、野菜の値段のシールとかいろんなものが貼られていて、さらに上から絵を描いていたり。 ある意味文章で残すよりも、イメージで残す方がリアルに記憶が蘇ってきそうだし賢いなと思いました。
今年の創作ノートもきっと着々と仕上がっているのでしょうね。


(新風舎・平間至写真賞事務局HPより転載)

■ハミングバード賞■ 『物体M』 大喜多崇 b0023052_19532095.jpg
十年間、アジアのいろいろなところに行かれて撮りためてきた作品です。タイにフィリピン、スリランカ……本当にいろんなところに行かれて撮った写真なのに、見事に統一感があり非常によくまとまっています。大喜多さんの視点がすごくしっかりしているのでしょう。一貫性を持ちながら、十年間撮り続けてきた年月の深みと重みとが集約されています。
大喜多さんは現在二九歳ということですが、一九歳から二九歳の
十年間というのは価値観や世界観がすごく変わっていく年代だと思います。でも写真にはそういう変化が見られません。自分の視点をしっかり持っていて安定感があります。一九歳からずっとしっかりしたものを持っていた方だと思います。ここまで徹底しているとこれからも変わらない魅力があります。
この作品に見られる大喜多さんの視点にはアジアやインドなどがぴったり合うと思いますが、逆に合わない場所で撮ってみるのもおもしろいかもしれません。機会があったら挑戦してみてはいかがでしょうか。


・:*:・°`☆、。・:*:・°。・:*:・°`☆、。・:*:・°。・:*:・°`☆、。・:*:・°。・:*:・°
[PR]
by ami-cosmo | 2004-10-30 19:35 | お知らせ。