ブログトップ

「最高」

b0023052_22493928.jpg


むかし、インドに、ジャナカ王という王様とアシャタバクラという大臣がいました。
王様がアシャタバクラに意見を求めると、いつも同じ答えが返ってきます。

 「王様、起こったことはすべて最高でございます。起こらなかったこともそれはすべて最
高でございます」。

 よく意味がわからないながらも、王様は、それを聞くとなんとなく安心することができま
した。王様は、アシャタバクラをほかのどの大臣にも増して可愛がっていました。 しかし、
ほかの大臣たちは嫉妬して、「アシャタバクラのやつ、いつも同じことばっかり言っているく
せに、王様に気にいられている。いつかこらしめてやろうぜ」と虎視眈々とその機会を狙っ
ていました。

 そんなある日、王様が指にケガしてしまいます。大臣たちは、これはチャンスとばかりに
アシュラバクラにたずねました。
 「王様が指をケガしたぞ。おまえはどう思う」
するとアシュラバクラは、いつものようにこう答えました。
 「起こることはすべて最高です」
 大臣たちはそのことを王様に報告し、さすがに王様もそんな言い方をされては心外で、ア
シュタバクラを呼んでたずねました。

 「おまえは私が指をケガしたと聞いて、それは最高なことだと答えたそうだな」

 「はい、王様。いつも私が申し上げているではないですか。起こったことはすべて最高で
ございます。」

 王様は自分がケガをしたことを最高の出来事と言われ、腹を立て、アシュタバクラを牢屋
に入れてしまいました。 その後、王様は狩りに行き、人食い部族にとらえられてしまいま
した。身ぐるみはがされ、火あぶりにするため木にしばりつけられたのです。火をつける前
に、身動きのとれない王様の体を人食い部族たちが確認しています。すると、ひとりが声を
あげたのです。

 「こいつ、指にキズがあるぞ!」

 この人食い部族は、外敵から、自分たちの部族を守るために部族以外の者をとらえ、火あ
ぶりして神に捧げていました。いわば火あぶりは神聖な儀式であるため、神様へ捧げものに
キズがあってならないのです。
 
「指にキズがあるやつを捧げものにしたら大変なことになるぞ!」

こうして王様は間一髪のところで開放されたわけです。宮殿にもどってきた王様は、アシ
ュタバクラを牢屋から出し、あやまります。

 「おまえの言ったとうりだった。あのときわからなかったが、たしかに指をケガしたこと
は最高の出来事だった。ケガをしていたからこそ助かったのだからな。だがしかし、私には
ひとつ後悔していることがある。それをおまえを牢屋に入れたことだ。」

 するとアシュタバクラはにこやかに答えました。

 「王様、私がいつも言っているではないですか。起こったことはすべて最高なんです。も
し私が牢屋に入れられていなかったら、私は王様と一緒に狩に行ったことでしょう。狩とい
えば、私もいつも王様の側を離れませんから、私も一緒にとらわれていたでしょう。私はど
こもケガをしていなかったので、きっと火あぶりになっていたでしょう。ですから、私は牢
屋にいれられてよかったんです。」
それを聞いて王様は悟ったそうな。

[PR]
by ami-cosmo | 2007-11-22 22:52 | 東洋哲学