ブログトップ

カテゴリ:Art( 12 )

役割のために洗練された美。


シンプルでスタイリッシュな5万円のピアノを見つけたとの博士からのお知らせ。
天性の音楽家は、880円の寝袋を買われたとのことで、夏仕様の寝袋がそろそろ寒いわたしにとっては、非常に興味深い速報でした。

以前、織りの子と会った時、
使われるために洗練された美、について語ってくれました。
道端で偶然通りすがったブティックの、作品展のパンフレットが気になって、
松本まで行ったらしいのです。
するとそこには、いつも見ていた美術作品とは違う、
日常的に使われているコップやヤカンなどが置いてあって。

水の入る量、重さ、人が最も使いやすい形。
そのために洗練されて、作られたもの。
その、削ぎ落とされた美しさに、衝撃を受けたといいます。

いつも見ている美術作品は、みてみてみて?!と主張している
らしいのですが、その作品たちはとても静かで、
言葉にしてみると、
「なぜ、わたしたちはいつも使われているのに、今こうしてみんなに
見られているのだろう。」
と言っているかのよう、とのこと。。


その展示会をした3人のうちの一人は、
生徒に100円で最も美しいものを買ってきなさい、と
言って授業をしたことがあるらしいのですが、
ある生徒が事務用クリップではなく、
カラフルなハート型のクリップを買ってきたことに愕然とした、
と言っていたのだそうです。

古き静かなるものたちに感動した織の子は、
それから数日後、学校の隣のごみ捨て場で
昔ながらの足踏みミシンを発見。
ごみ収集のお兄さんに許可をもらって、
捨てたおばさんに電話をしたら、了解がとれて。
花に水をあげていた向かいのおじさんが
快く学校まで運んでくれたのだそうです。

本当に使われるためだけに存在するモノたち。
その美しさは、きっとずっと使いつづけていて、ある日突然、
窓から指す光に照らされた様子が、物凄く感動する、そんな風に気づけるのかな、と思っていました。
その削ぎおとされた美学を、理解できる織りの子は、本当に精神性が高いと思います。
それはきっと、人間が、何年も、何十年も生きてやっと気づけることだと思うから。
そしてそれは、人の生涯においても同じ美学が存在する、とわたしは思ったりしています。

b0023052_2263652.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2004-10-30 21:43 | Art

星の求める気持ち

b0023052_1215758.jpg



審査員 三田晴夫 賞

星の求める気持ち
今回の作品では、地球上に存在する様々な生命たちから生まれる祈りや願い、何かを求める気持ちのようなものをモチーフに、それらが、ウールで包み込まれ、球体となって空に浮かび上がるという情景をイメージしました。
青く染色された無数の球体は、私たち人間の思いであったり、海面をめざす気泡であったり、輝きを放つ星であったり、孵化を夢見る卵であったり・・・。それらは、未来へと向かうエネルギーの一つ一つを象徴しています。
今回制作を計画している球体のいつくかには、植物の種子を入れ、実際に発芽させることを考えています。このことで、球体の内に秘めたエネルギーを、発芽する姿に重ねて見てみたいと思います。
願いや気持ちという目に見えないものたちと、ウールという暖かくて優しい素材との結びつきを大事にしながら、作品を制作して行きたいと思っています。

宝仙学園短期大学 佐藤晶子、真鍋淳子、武藤奈緒、造形芸術学科2年有志

(Wool in Wool 2003より)



この作品は、織を専攻するお友達が、去年の夏、岩手の小岩井農場で、仲間たちとともに制作したものです。
いくつもの青い球体から、葉っぱの芽が出ていて、そのいくつもの球体が球状に木の間に浮かんでいる。まさに宇宙のようです。
わたしは織りの子が持っていた写真を見せてもらった時、本当に鳥肌が立つくらい感銘を受けました。そしてコンセプトをきいて、なんて素晴らしいコンセプトなのだろうと思いました。

学園祭にも伺ったのですが、実物が展示されていたのを見た時、見ていて何故か涙が出てくるのです。
絵を描いている時呼吸が止まるという天性の画家も、この時ばかりはサークルを抜け出して、レンパさんと一緒に歩いて見に行っていました。

感想文に、「胸に熱いものが込み上げてくるのを感じた。」と書いていたとか。
わたしも同じ気持ちでした。
そう、わたしにとって、この作品は、この世の奇跡だったんです。

わたしが小さいころから表現しようとしたこと、それが、見事にこの世界に顕現化していたのです。

織りの子には心から頑張ったねって言いたい。
そして、本当に、ありがとう、そう思う。

再びサークルに戻ってきた二人は、子供のように目をキラキラと輝かせて、
葉っぱの生えた青く優しいウールの球体を首からさげて帰って来ました。

「これ、もらったんだ。」 と、本当に嬉しそうな笑顔だったことを、今でもはっきりと覚えています。

織りの子の尊敬する画家、矢野ミチルさんのHP。昨日、見つけました。

[PR]
by ami-cosmo | 2004-10-08 01:35 | Art