ブログトップ

カテゴリ:感謝。( 22 )

サプライズプレゼント


b0023052_23584629.jpg
今日、実家に、ものすごい大きな箱に入って、
お花の鉢植えが届いたようです。

少し前に、都心に行く機会があった時、
噴水前のお花が綺麗で見ていたら、
ガーデニングの展示をしていて、
ベンチの近くにアンケートボックスがあったので、
感動した気持ちをそのまま答えて投稿していたのでした。

それにしても、本当に当たるなんて、驚きました。


b0023052_23591172.jpg
母上からは、「凄い綺麗なお花だよ。育てて良いの?
みんな喜んでいるよ。」

「おじいちゃんはあなたが送ったと勘違いして、
喜んでいるよ。」 とのこと。


家にもお庭があるけれど、育てられなかったら困るし、
お友達に相談したら、
実家が良いのではないかということで、そうしたのでした。

時期は少し遅いですが、敬老の日の贈り物ができたみたいで、
良かったなと思いました。


b0023052_23593539.jpg
わたし自身も予想しなかったサプライズプレゼント。
展示されていたコンテナは、どれもすごく綺麗で、
あんなお花が送られて来たら、すごく驚くし、
嬉しいだろうなと思いました。

最近、贈り物やお手紙を送ったりしていたので、
巡り巡って、かえってきたのかなと思うと同時に、
こつこつと感謝を伝えることが、大切なのかなと思いました。

ガーデニングプレゼント係の方々、ありがとうございました。
素敵な贈り物ができたことに、心から感謝致します。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-09-21 23:57 | 感謝。

お手伝い。


b0023052_2434090.jpg
昨日、とても頑張っているお友達からご連絡いただいて、
お手伝いがありますが、どうですか?
とのお話。

本当に、直向きで、
真剣に頑張っている人達だから、
少しでもお手伝いできたらと思い、
承りました。

至らない点が
もりだくさんかもしれないけれども、
少しでもお役に立てたら嬉しいなって
思いました。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-06-14 08:03 | 感謝。

嬉しいです。


b0023052_23222875.jpg嬉しいです。

生きていて良かった。

直接的にわたしのことではないのだけれど、
親友とも言えるこころからのお友達が、
とっても幸せな祝福があって、
もう、わたしも本当に嬉しいです。
わたしまで幸せ。歓喜状態というのでしょうか。


あきらめなくて良かった。
そして頑張らなくちゃいけない。

二人とも、涙が出るくらい頑張っているお友達。
その姿は、心から称賛に値します。

だからこそきっと、
いろんな偶然が重なって必然的現象を、呼び起こすのですね。

本当に素晴らしい。
そして、本当に幸せです。

その素晴らしい奇跡に、わたしも感謝したいと思います。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-05-18 23:22 | 感謝。

心の底から、安堵感。


心から尊敬に値する方がとってくださった、
貴重なお時間。

たくさんお話を聞いて頂いて、
たくさんの素晴らしく有意義なお話を伺う。

とても心身が軽くなり、
今まで持っていた不安、悩み、苦しみ、心の波、
すべての煩いが、霧のように8割方消えて行きました。
あとは、自分自身がどう精進するかで決まること。

投げ出さなくて良かった。
たくさん逃げてきたけれど、あきらめなくて良かった。

今日からまた頑張ろう、本当にそう思いました。

目には見えないたくさんの勇気と不動心、
透明な光と心身の軽快さ、
そして、智慧からなる慈愛と哀れみを、
分けて頂きました。

本当に感謝しています。

b0023052_12335528.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2006-05-18 08:49 | 感謝。

感謝の意。


b0023052_252310.jpg
雨と強い風の中、お花畑へ。

たどり着くは、絵手紙の部屋。

伝えるべき言葉はただ一つ、

感謝の意。


そう、心から、  

ありがとう。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-05-16 08:49 | 感謝。

東洋医学の叡智。


b0023052_253137.jpg
昨日は東洋医学の名医が電話で捕まらなかったのですが、
ばらかむさんがとても有意義なコメントをくださいました。

素晴らしい内容なのでこちらでもご紹介させていただきますね。

わたしも朝起きたら、クリアヨガで胃洗浄をしてみようと思います。


えーとですね、『証』とは病状を表す言葉です。

実熱証:正確には『裏実熱証』

これは邪気が体内の奥深くに侵入し、そのため体が発熱している状態を表します。

これを西洋医学流に翻訳すれば、日記中にあるように「扁桃腺が腫れるということは、雑菌が入っているためなので」となるわけです。

舌が赤くなるのは熱症状では普通に見られる舌質所見です。
熱のピークを越したならば、マメに水分補給をすればOKです。

抗生物質についてですが、これは対症療法に当たります。
扁桃腺の腫れを治すことだけに主眼を置いた治療法です。
東洋医学においては、なぜ雑菌の侵入を許してしまったか?が重要なポイントになります。

東洋医学(中医学)では、体表面で外邪(外部から侵入する病気の元)から身を護ってくれる衛気(えき)と呼ばれるバリアがあるとされています。
(東洋医学では肉体の生理機能を『気』と表現する場合が多々あることを理解しておいてください。
衛気の場合は、免疫力や基礎体力などと読み替えることも可能です。
また、「衛気は日中は体表を巡り、夜間は体内を巡る」とされていますが、これは昼間と夜間における交感神経と副交感神経の優位性を表していると考えられます。)

衛気の原料は水穀(食べ物)の気とされています。
amiさんの普段の食生活などから察するに、衛気虚(衛気が不足している状態)と思われます。
本当は、モリモリ食べる、ぐっすり寝て体を休めるといったことが一番なのですが、まぁ、そのへんはあまり突っ込まないでおきましょうか。

参考までに、衛気を補う漢方薬を紹介しておきます。
◎衛益顆粒 (ええきかりゅう)
◎玉屏風散 (ぎょくへいふうさん)


さて、黄帝内経(およそ2000年前の医学書)には「上工(じょうこう)は己病(いびょう)を治さず、未病(みびょう)を治す」という記述があります。
「上工」とは名医、「己病」とはすでにかかってしまった病気のこと、未病とは「未だ病にあらず」と言う状態。
すなわち、病気を治療するのではなく、病気にかからないようにすること(予防医学)こそが理想的な医師・医療のあり方だと説かれているわけです。
オイラもそうありたいと研鑽中であります。

[PR]
by ami-cosmo | 2006-05-07 07:47 | 感謝。

初めの一歩。


b0023052_2575332.jpg
善福寺公園、美しいとか、
綺麗のレベルを遙かに超越した
満開の桜でした。

時間がなくて、行ってすぐ帰ったのだけれど、
あの壮美なヴィジョンはいまでも目の前に広がります。

今日はjujuと一緒に初めの一歩*

もう、気が遠くなるくらいの過去から、
きっと一緒に歩いているんだけれどね。

そんな懐かしい最初の時、に還るための、
初めの一歩。

わたしの知らない間に、
満開の花びらをつけた桜たちから、
暖かいエールを頂きました。

きっといつの生か4人姉妹だったりしたのかな。
やっと来たね。 
そんな声が聞こえてくる、初めの一歩。
b0023052_2573375.jpg
[PR]
by ami-cosmo | 2006-04-02 03:00 | 感謝。

エスパーmami*:.:*


b0023052_311231.jpg
本日は、類い希なる純粋知性と、妖精であり天使であり、
女神の要素を兼ね備えた、mamyちゃんのご生誕日であります。

わたしはその存在を存じ上げた瞬間に、時空を超越した縁を感じました。

素晴らしい魂、mamiyちゃん。
この世界に生まれてきてくださってありがとうございます。
そしてその真の優しさと光を、あまねくすべての魂に分け与えてあげてくださいませ。

mamyちゃんが、いつしか真の光を分け与える存在となり、
その光によって多くの生命体が真実に気づきますように。

この祝福された日を、心よりお祝い申し上げます。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-03-15 01:02 | 感謝。

sakiちゃんへ。


愛しのsakiちゃんから、お礼のお手紙をいただきました。
手作りの封筒で、筆ペンで綴られた心のお手紙。
どうしてそこまでわたし好みなのですか? (筆ペンとかね、神秘的なマンガが好きとかね、文学少女とかね、紙工作が好きとかね、音楽を奏でるのがすきとか。)
とっても高尚です。

いつもいただいてばかりで。。。
わたしが何かあげても良いものはありますか?


って。。。。。

わたしは何もいらない。
いつかsakiちゃんとお菓子作りができたらうれしいな、と思います。(いつだ)
是非ともsakiちゃんには女神道を歩んでいただきたいです。
若いって良いですねー。神々しき10代。 (最近肩こり腰痛、頭痛なもので。しかも最近腱鞘炎と来たものだ。もう歳を感じます。ぇ)

sakiちゃん、ありがとう~。。。お返事書くからね。 きっと、きっと。 お姉さん、ただいま風邪気味の予兆。

ヒカルちゃんから、sakiちゃんとのお写真をいただきました。楽しそうですね。
b0023052_8524294.jpg

b0023052_8525477.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2005-02-25 08:29 | 感謝。

『年が明けた瞬間、空中にいたよ。』

あなたは、どこでカウントダウン?
b0023052_21502347.jpg
「年が明けた瞬間、どこにいた?」
小学生の頃、そんな質問をしたり、されたりしていた記憶があります。
14歳くらいの冬も、山姫のお家にいさせていただいた子供たちとわたしは、あと10秒、という時から、数を数えたりしていました。
satomiちゃんと、「ねぇねぇ、年が明ける瞬間にジャンプしたら、空中にいたことになるよね?」なんていう会話をして、みんなで一斉にジャンプしたりしました。(笑)

今年は、配送の準備のために工場に向かう車の中で年明けになりそうです。
年が明ける時も、皆様のために少しでもお役に立てるなら嬉しいです。

そうそう、21世紀になる、年明けの瞬間もわたしにとってはとっても印象的でした。
その時わたしは、千葉から東京に向かう電車の中にいたのですが、外人さんが乗っていらっしゃいました。お友達何人かで、とっても楽しそうにしています。
そして、年が明ける瞬間、カウントし始めました。
最後の一秒をカウントし終えて、「ハッピーニューイヤーーー!!!!」と車両の端から端まで走っています。
そして、ホームにおりると、そこにいる人すべてに、手をパチンと鳴らして挨拶してまわっているではありませんか。
時には抱擁を交わしたり。。。
最初、お友達なのかな?と思ったんです。でも、駅にいる人みんなが知り合いなわけもなく、さらにその外人さん達は、次の駅でもおりて、ホームを走り回っています。

わたしはその瞬間、観念が崩壊しました。
そして、決意しました。

『21世紀は、みんなお友達なんだ。』

わたしは目の前に繰り広げられた光景に感化され、励まされ、そして、勇気づけられました。
本来こうあっていいはずじゃないか。わたしは以前から、電車の中で会う人だって、すごく奇跡的な縁で、その時お友達にならなかったら、その先、いつ会えるかもわからない人達なんだって以前思ったこともあった。
だとしたら、こうして、その奇跡を共有することができたら、それはなんて素晴らしいことなのだろう、と。

21世紀はみんなお友達、をスローガンにしていたその年、その決意を達成すべく、
代々木公園で会う人会う人に話し掛けて、
「お友達になりましょう。わたし、ami_cosmo。」と言って歩いているわたしがいることに気づきました。
そしていつしか、携帯電話のアドレス覧は、新規登録不能にまでなったのでした。

かつてわたしがとっても苦しかった頃、屋上で星を見ながら、突然、思い立ったように、
いつか、たくさんの人と出会って、たくさんのことを学んで、たくさん感動して、たくさん成長したい
という思いが湧きあがってきたことがあったけれど、
その時を機に、その願いは果たされつつあるような気がします。

人は深い意識で繋がっている、意識と意識はわけることはできない、といわれているけれど、
同じ時を迎える、そんな奇跡を、この星で共有できるのは、素敵なことだな、とわたしは思います。
[PR]
by ami-cosmo | 2004-12-31 21:15 | 感謝。