ブログトップ

カテゴリ:お勉強。( 11 )

国語力 (表記)

b0023052_1461159.jpg




夢は見る、のではなくて、読み?

Biotopeから、 明晰夢を研究する博士の投稿より抜粋。







 国際交流基金 日本語国際センター、教師用日本語教育ハンド
ブック2『新 表記』。学校から通信するしかないかな。
   
  1 助動詞および助詞は、仮名で書く
     (例)ない ようだ ぐらい だけ ほど
 
   
   3 次のような接尾語は、原則として、仮名で書く。
    (例) げ(惜しげもなく) ども(私ども) ぶる(偉ぶる)
        み(弱み) め(少なめ)
   
   5 次のような語句を、(  )の中に示した例のように用いるとき
    は、原則として、仮名で書く。
    (例) こと(許可しないことがある。)
        とき(事故のときは連絡する。)
        ところ(現在のところ差し支えない。)
        もの(正しいものと認める。)

        とも(説明するとともに意見を聞く。)
        ほか(特別の場合を除くほか。)
        ゆえ(一部の反対ゆえにはかどらない。)
        わけ(賛成するわけにはいかない。)
        とおり(次のとおりである。)
        ある(その点に問題がある。)
        いる(ここに関係者がいる。)
        なる(合計すると1万円になる。)
        できる(だれにでも利用できる。)
        ない(欠点がない。)

 在る・無いは「存在」に関わる。為〔な〕るは為〔す〕ると紛らわしいetc
[PR]
by ami-cosmo | 2004-12-13 00:24 | お勉強。