ブログトップ

カテゴリ:近況・日常( 156 )

初日の出


去年は曇りで見えなかった関係上、前々から楽しみにしていた初日の出。
そんなわたしに、大晦日、oさんはおっしゃいました。

「いやーーー、残念だね。この調子だと、今回は絶対無理だねー。」

お天気予報、確認済みのご様子。
見れるはずもないお日様に憧れの想いを抱きつつ、日の出の時刻の7時を通り越し、
わたしは朝8時まで寝たのでした。

朝起きると・・・・・ん?この爽やかな日差しは?


b0023052_525484.jpg
晴れてるじゃないですかーー!!!  oさーん?


わたし、見ました。8時の初日の出を。 初日の出って、今年初めて見た日の出のことですよね。










b0023052_5305552.jpg
この日はヒカルちゃんが心の旅に出ていたため、ヒカルちゃんの分のお仕事。
これ以上にないくらいのおひさまの光を浴びて、水浴び後のパンラックたち。


ということで、この日を機に、今年の教訓。

最後まであきらめない、ではなく、

『最後でもあきらめない』

微細、という方向性を転換して、

 
     強く  図太く  美しく  をスローガンに参りたいと思います。


よりしつこく、より執念深くをモットーに。

打たれ強さが時代の鍵。
世の中にはしつこい方々がたくさんいらっしゃるというのに、わたしは何を遠慮していたのでしょうね。


異論がある方はどうぞ。


翌日、作業場でお会いしたoさん。
「いやー、合わせる顔がないなー、と思ってたんだよ。」 とのこと。

大丈夫です。いつか、『M氏の前で○○の乙女たちを踊ってください。』とか言い出すかもしれないですから。
この企画、わりと賛成してくれる人が多そうな気がします。
きっと初日の出と同じくらい、祝福の光に満ちることと思います。

b0023052_5314412.jpg

  
[PR]
by ami-cosmo | 2005-01-01 22:34 | 近況・日常

雪が降りました。

b0023052_2181372.jpg
最近、寒いです。今朝、今年の冬初めての雪が、岐阜の空から舞い降りてきました。
「わたしもクッキーが食べたい。」とおっしゃる愛しい乙女にお菓子を送るため、自転車に乗ってヤマト運輸へ。
風をきって朝の空気を走り抜けると、目の中や鼻のしたにサワサワとひんやりした白い結晶が飛んできました。

あまりにも顔に雪を積もらせていたので、宅急便屋さんのおじさん、驚いていらっしゃいました。

カウンターに接近するや否や、わたしから、どさっとこぼれる雪の山。

おじさん  「すごい雪ですねーー。。。」

わたし   「はい。。  送り状お願いします。」 (寒さで硬直して会話が必要最低限)

積ったら雪だるまか雪ウサギを作ろうと思っていたのだけれど、夕方からは晴れてきました。

最近寒いです。  「寒いです。」 というメールを突然送ってしまったくらいです。
                          
                     重症です。
      助けてください。                       

外より冷えています。わたしの経験上から定義しますと、あれは、ケーキ屋さんの大きな冷蔵庫の中と同じ寒さです。
座る作業が続くと、足先がとっても冷えるのです。(特に骨が粉砕した親指ね。)

そうですね、例えるなら、足先に、ドライアイスを当てられているような、ひんやり感。
感、というか、感覚がない。寧ろ、痛い。

わたしはきっと、生まれてこの方、あるいは生まれる前に、気づかないうちに、とっても冷たい心の働きをしたんだなー、と懺悔モードにならざるを得ません。

これで闇の粒子が少しでも減って、光だけの喜びの身体になったら、虹のように空を舞えるようになるかな。

虹の身体は良いとして、苦行のし過ぎで身動きがとれなくなっても本末転倒なので、
早いうちに対策を練ろうと思います。
湯たんぽを、足元において、その上に足を置いて作業するとか、
バケツにお湯を張って、足を浸けながら作業するとか。。。。

寒いと言いつつ、まわりが靴下を二枚重ねしていても、わたしだけ一枚だったりするんですよね。努力不足かな。頑張って努力しよう。

b0023052_2195828.jpg
東京も雪が凄いみたいですね。

あー、2月がくるのがコワイです。2月、わたしはここで無事に生存できるだろうか。。

お山のお猿さんや小鹿さんはどうやって冬を越しているのだろう。




←東京の雪景色。
[PR]
by ami-cosmo | 2004-12-31 21:10 | 近況・日常

ピザを作ってみました。

b0023052_2252467.jpg
水曜日、ヒカルちゃんのご飯に、ピザを作ってみました。
今までピザに乗せる具を手作りしたことはあったけれど、クラストまで作るのは初めて。
本来、イースト菌を入れて作ると聞いていたので、ちゃんとできないだろうな、と思っていました。
それでも、それに近いものができたらいいな、と思って挑戦。

その結果。。。。とってもピザらしいもの、というか、ピザ以外の何物でもないピザができました。
あまりにもちゃんとできたので、機会があったらまた作ろう、と思ったのですが、
すべて直感で作ったため、計量がわからず。。

なので、使った材料をメモしておこうと思います。


クラスト

豆乳 ・・・400cc       
薄力粉  ・・・・・  おわんに3杯くらい     
ベーキングパウダー ・・・・ 小さじ2
チェダーチーズパウダー  ・・・・・   一握り
バター  ・・・・・・   70gくらい
ブラックペッパー  ・・・・ 少々 
オリーブ油(表面に塗る)・・・ 適量


野菜炒め(具)

大豆タンパク(アペックス)・・・適量
乾燥オニオン・・・適量
乾燥キャベツ・・・適量
油・・・適量
生姜・・・適量
ガーリックパウダー・・・適量


表面のトッピング
パプリカパウダー
チェダーチーズパウダー

☆作り方☆

1 クラストの材料を混ぜ、パンの生地よりやや硬めになったら、棒で平たく伸ばします。

2 1を180℃のオーブンで、生地が乾燥する程度まで焼きます。(焦げないように注意しま   す。)

3 野菜炒めを作り、焼きあがったクラストに乗せて、パプリカパウダーをまぶし、溶かしバタ  ーか湯で練ったチーズをかけます。

        チーズが溶けて、焦げ目がついたら出来上がりです。
[PR]
by ami-cosmo | 2004-12-31 21:09 | 近況・日常

白い魔法使い

b0023052_2155890.jpg
日曜日は、電車に乗って名古屋に行って来ました。
この日は朝から雨。
知る人ぞ知る黄色いレインコートを羽織って、凍えながら駅まで自転車で走りました。
新名古屋駅についたものの、誰も名古屋城までの行き方を知らない、ということが判明。
近くを歩いていたおばさまに伺いました。

お話によると「30分もすれば着くんじゃないかしら。」とのこと。
30分よりも長く歩いた気がするけれど、ひんやりした空気の中で颯爽と歩くのは気持ちのよいものでした。


名古屋城の写真をアップしてほしい、とのご依頼を承るべく、早速記載します。

b0023052_2165629.jpg


何年か前に名古屋城に子供たちと来た時は、屋根が茶色か黒だったような気がするのですが。。。黄緑色なのですね。 胴が錆びるとこのような色になるのだそうです。

b0023052_2212142.jpg


b0023052_223414.jpg


b0023052_343343.jpg

依頼を受けて撮った石室。
二時間以上眠ると調子が優れなくなる、というソムリエのようなお方の夢に出てきたらしいです。
b0023052_2244017.jpg

お姫様の写真をお土産に。和風のお姫様がお好きなお姉様へ。

展望台から見える、ウエハースのような建物や景色を見ながら、お殿様ってこんな所に住んでいるんだ、と思ったりしました。

軽快な音楽のように時が流れて、午後4時。 岐阜に戻る予定だったのですが、ヒカルちゃんからメールが。

「みんな、ワクワクして待っているので、終わったら連絡ください。」  とのこと。

ヒカルちゃんの居場所に行くことに。 寒い中駅まで迎えに来てくれました。ありがとう。
いろんなお部屋を案内してもらって、ヒカルちゃんおすすめの人形劇を一緒に見ました。本当に感動。みんなにも見せてあげたくなりました。

5時にtomoちゃんが来て、いろんなお話をしました。 東京にいた頃のこと、ヒカルちゃんが頑張っていること、tomoちゃんの素晴らしさ、など。。。
izumiちゃんのお友達であり、ヒカルちゃんの戦友でもあるtakahasiくんともお会いしました。さすがizumiちゃんのお友達だけあって、癒し系な好青年でした。人に安らぎを与えるような職業についているので、自然と誰かの悩みを聞いてあげることが多いとか。
奥の部屋でお話していると、ドアが開いて、長い髪に白いセーター、赤いタータンチェックのスカートを履いた少女が。
「この子がsakiちゃん。」と言って、ヒカルちゃんが紹介してくれました。
13歳にして文学少女。わたしと同じAB型。かんろくと明るさとおしとやかさを兼ね備えた素敵なお嬢様でした。


「sakiね、今日で13歳になったの。」 
お誕生日だったんだー。。。それに13歳。神々しいかぎりです。
是非、一緒にお菓子作りをしましょう。と思って、スカウトしました。

初めて会ったのにもかかわらず、気づいた時には、
「お友達になりましょう。わたし、ami-cosmo。連絡先、書くね。」
と言っていました。(これはお友達になるという特技です)
「sakiはまだ携帯電話持ってないの。」と、その少女ははずかしそうに微笑んで、お家の電話番号を教えてくれました。

そして、sakiちゃんのお姉ちゃんのakoちゃん登場☆
ヒカルちゃんが、「強烈だから紹介したくない。」とひたすら言っていたけれど、とっても賢くて明るい女の子でした。

「izumiちゃんの友達のami-cosmoです。」と自己紹介すると、「あー、そうなんだ~。。。」と言って、いろいろお話してくれました。

takahasiくんは退散。
恐れ入ります。

お絵描きをしよう、ということで、みんなで一部屋貸しきり状態でお絵描き。
みんな本当に絵が上手なのですが、一番驚いたのがヒカルちゃんの絵。

「わたし、こういう絵しか描けなくて、以前描いたら、P氏がこれは絶対仙人の記憶だ!って言って、ファイルに挟んで大事にしてたの。」と言って、誰も真似のできないような、独特な絵を見せてくれたのでした。
見た人は全員、腰が砕けそうなほど爆笑。
この絵を見たら、人生捨てたものじゃない、そう思えるかもしれないと感じました。
「何か、元気が出てくる。見ているとやる気がでてくる。」とtomoちゃん。

このセンスはすごいな、と思って、一枚いただいてきました。
そして、散々この絵しかかけない、と言って、みんなを笑わせた後に、
突然、さらさらと絵を描き始めました。

そう、少女漫画の最上級のようなタッチの絵を。
前段階で、仙人の絵を見ていただけに、そのインパクトは絶大。
さらにみんな驚かされたのでした。

意外性を狙う、そういう心得は、本当にヒカルちゃんの賢さを物語っている、とひしひしと感じました。

部屋にいる時間がほとんどない、というくらい、極限的に働いて、睡眠を削っているヒカルちゃん。そんな彼女の魅力を、わたしは今まで20%も理解できていなかった、ということがわかりました。(恐縮です。)そして、今回、最大限それを知る機会に恵まれました。

b0023052_435238.jpg
sakiちゃん、akoちゃん、tomoちゃん、ヒカルちゃんに、「amiちゃん、一週間に一回、名古屋に来たら?」とのお言葉を。。
わたしも名古屋のみんなはとっても明るくて元気で素敵な方々だな、と思うし、akoちゃん&sakiちゃんにいつかまた会いたいです。


↑名古屋の愉快な仲間たち。ヒカルちゃんの表情が最高。
[PR]
by ami-cosmo | 2004-12-28 16:50 | 近況・日常

白い魔法使い。


b0023052_2155890.jpg
日曜日は、電車に乗って名古屋に行って来ました。
この日は朝から雨。
知る人ぞ知る黄色いレインコートを羽織って、凍えながら駅まで自転車で走りました。
新名古屋駅についたものの、誰も名古屋城までの行き方を知らない、ということが判明。
近くを歩いていたおばさまに伺いました。

お話によると「30分もすれば着くんじゃないかしら。」とのこと。
30分よりも長く歩いた気がするけれど、ひんやりした空気の中で颯爽と歩くのは気持ちのよいものでした。


名古屋城の写真をアップしてほしい、とのご依頼を承るべく、早速記載します。

b0023052_2165629.jpg


何年か前に名古屋城に子供たちと来た時は、屋根が茶色か黒だったような気がするのですが。。。黄緑色なのですね。 胴が錆びるとこのような色になるのだそうです。

b0023052_2212142.jpg


b0023052_223414.jpg


b0023052_343343.jpg

依頼を受けて撮った石室。
二時間以上眠ると調子が優れなくなる、というソムリエのようなお方の夢に出てきたらしいです。
b0023052_2244017.jpg

お姫様の写真をお土産に。和風のお姫様がお好きなお姉様へ。

展望台から見える、ウエハースのような建物や景色を見ながら、お殿様ってこんな所に住んでいるんだ、と思ったりしました。

軽快な音楽のように時が流れて、午後4時。 岐阜に戻る予定だったのですが、ヒカルちゃんからメールが。

「みんな、ワクワクして待っているので、終わったら連絡ください。」  とのこと。

ヒカルちゃんの居場所に行くことに。 寒い中駅まで迎えに来てくれました。ありがとう。
いろんなお部屋を案内してもらって、ヒカルちゃんおすすめの人形劇を一緒に見ました。本当に感動。みんなにも見せてあげたくなりました。

5時にtomoちゃんが来て、いろんなお話をしました。 東京にいた頃のこと、ヒカルちゃんが頑張っていること、tomoちゃんの素晴らしさ、tomoちゃんの親衛隊についてなど。。。
izumiちゃんのお友達であり、ヒカルちゃんの戦友でもあるtakahasiくんともお会いしました。さすがizumiちゃんのお友達だけあって、癒し系な好青年でした。人に安らぎを与えるような職業についているので、自然と誰かの悩みを聞いてあげることが多いとか。
奥の部屋でお話していると、ドアが開いて、長い髪に白いセーター、赤いタータンチェックのスカートを履いた少女が。
「この子がsakiちゃん。」と言って、ヒカルちゃんが紹介してくれました。
13歳にして文学少女。わたしと同じAB型。かんろくと明るさとおしとやかさを兼ね備えた素敵なお嬢様でした。


「sakiね、今日で13歳になったの。」 
お誕生日だったんだー。。。それに13歳。神々しいかぎりです。
是非、一緒にお菓子作りをしましょう。と思って、スカウトしました。

初めて会ったのにもかかわらず、気づいた時には、
「お友達になりましょう。わたし、ami-cosmo。連絡先、書くね。」
と言っていました。(これはお友達になるという特技です)
「sakiはまだ携帯電話持ってないの。」と、その少女ははずかしそうに微笑んで、お家の電話番号を教えてくれました。

そして、sakiちゃんのお姉ちゃんのakoちゃん登場☆
ヒカルちゃんが、「強烈だから紹介したくない。」とひたすら言っていたけれど、とっても賢くて明るい女の子でした。

「izumiちゃんの友達のami-cosmoです。」と自己紹介すると、「あー、そうなんだ~。。。」と言って、いろいろお話してくれました。

takahasiくんは、このキャピキャピについていけない、と退散。
恐れ入ります。

お絵描きをしよう、ということで、みんなで一部屋貸しきり状態でお絵描き。
みんな本当に絵が上手なのですが、一番驚いたのがヒカルちゃんの絵。

「わたし、こういう絵しか描けなくて、以前描いたら、P氏がこれは絶対仙人の記憶だ!って言って、ファイルに挟んで大事にしてたの。」と言って、誰も真似のできないような、独特な絵を見せてくれたのでした。
見た人は全員、腰が砕けそうなほど爆笑。
この絵を見たら、人生捨てたものじゃない、そう思えるかもしれないと感じました。
「何か、元気が出てくる。見ているとやる気がでてくる。」とtomoちゃん。

このセンスはすごいな、と思って、一枚いただいてきました。
そして、散々この絵しかかけない、と言って、みんなを笑わせた後に、
突然、さらさらと絵を描き始めました。

そう、少女漫画の最上級のようなタッチの絵を。
前段階で、仙人の絵を見ていただけに、そのインパクトは絶大。
さらにみんな驚かされたのでした。

意外性を狙う、そういう心得は、本当にヒカルちゃんの賢さを物語っている、とひしひしと感じました。

部屋にいる時間がほとんどない、というくらい、極限的に働いて、睡眠を削っているヒカルちゃん。そんな彼女の魅力を、わたしは今まで20%も理解できていなかった、ということがわかりました。(恐縮です。)そして、今回、最大限それを知る機会に恵まれました。

b0023052_435238.jpg
sakiちゃん、akoちゃん、tomoちゃん、ヒカルちゃんに、「amiちゃん、一週間に一回、名古屋に来たら?」とのお言葉を。。
わたしも名古屋のみんなはとっても明るくて元気で素敵な方々だな、と思うし、akoちゃん&sakiちゃんにまた会いたいです。


↑名古屋の愉快な仲間たち。ヒカルちゃんの表情が最高。
[PR]
by ami-cosmo | 2004-12-28 04:40 | 近況・日常

前進すること。

b0023052_7384598.jpg
最近、わけもなく突然悲しくなったりするami-cosmoです。
う~ん、何か世の中で大変なことが起こっているのでしょうか。
多分、起こっているのでしょうけれども。。



一昨日、ちょっとした大変なことがありました。
大きな寸胴でお湯を沸かそうとしてコンロに火をつけたとき、

まつげが焦げました。  えーん。。



b0023052_726432.jpg
まつげが焦げたのは、小学校5年生時、
校庭で縄文土器を焼いた時以来だったので、懐かしい体験でした。
できれば今後は避けたい体験ですが。


そしてその後、他、焦げ事件。

こういう時は、幸せをたくさん振りまくことにしています。
ということで、日夜秘密の幸せ振り撒き作戦に奮闘中。

昨夜、「確か今年の目標は微細な波動になるとおっしゃっていたと思いますが、如何だったでしょうか。」というご質問をいただきました。

いつかこの日記でも書いたかもしれないですが、今年の目標は、
『対象・事象に対する心・言葉・行為の一挙手一投足において微細になる。』
でした。有言実行?

そうですね~。。。意識して良くなった部分と、それでもまだまだ足りない部分両方ですね。
ということで、来年はさらに頑張ります。
目標設定も考えておかなきゃ。


b0023052_728854.jpg
ロボットの研究に勤しんでいらっしゃる、卒論に追われる優しい塾生から、
『ヒカルちゃん、元気?』とのお言葉があったので、
元気なヒカルちゃんの笑顔を皆様にお届けします。

常に元気、常に全力、常に走っています。

昨夜はヒカルちゃんが乗っているバスが川に転覆する夢を見たとのこと。
最近わたしがもぐらのような穴のお家にいる夢を2回見たとのこと。
同じく昨夜ヒカルちゃん自身がPさんと一緒にいる夢をみてとっても幸せな気持ちだったとのこと。
その他、とっても言えないような夢の数々。。。

って、疲れているんじゃない?

24時間、同じこと永遠と続けた後、
14時間眠ったのだそうです。 それでたくさん夢を見たのだとか。

そんな、頑張るヒカルちゃんに、昨日はケーキその他もろもろを差し上げました。おいしかったみたいで良かった。

昨日は、前々からヒカルちゃんが見たい見たいと言っていた民家クリスマスイルミネーションのスポットを巡りながら帰って来ました。
b0023052_7301571.jpg

クライマックスですね。

ラストスパートを持ち前の明るさで乗り切って、来年の初夢は是非、安らかな夢を見ていただきたいものです。


写真は、夏に大好きなizumiちゃんのお部屋で撮影したもの。

そういえば、10年前くらいに、お友達のお友達が勝手に占ってくれた占星術鑑定で、『憂いを帯びた美しさ』って出てくるよ。と聞いたけれど、何故、憂いを帯びた、なのだろう。。。
『美少女』というワードも出てきて、鑑定した人が会いたがっていたらしいけれど、
それは何か違う気がする。。。
                             何度でも言いますが、
特技は絞め技と背負い投げです。
特技は絞め技と背負い投げです。
特技は絞め技と背負い投げです。

他にもあるけれど。
[PR]
by ami-cosmo | 2004-12-23 06:11 | 近況・日常