ブログトップ

カテゴリ:近況・日常( 156 )

少し前に再会した乙女。

b0023052_5564483.jpg
少し前になりますが、
michiちゃんと上条に、10年振りくらいに再会。

わたし、失踪するなんて言った記憶、まるでないのだけど、
そう言い放って姿を消したとのことで、
相当探していたとか。

michiちゃんとは、小学校の頃から仲良しで、
夏休みは毎日一緒に紙工作をしていたお友達。

上条は中学卒業までの1年間で、
とっても仲良くなったお友達。

3人でいつも、素朴なお話をしていたのが、
懐かしい記憶。

michiちゃんの第一声、「あーーー!いたーー!!」
まるで幻の生き物を発見したかのような歓声。

michiちゃんも上条も、大人になっていて、
それもまた驚き。


「amiちゃん、変わってないねーーー!
そのまんまだね~*」

とmichiちゃん。

はい、そのまま、というか、
年齢が戻りつつある気がします。(笑)

上条は歯科助手で、
michiちゃんは、事務職。

同じ事をずっと続けている上条。
未婚30代女性に囲まれているという、
michiちゃん。
本当に頑張っているのが伝わってきました。

michiちゃんの背後には、
マイホームすら見えるような雰囲気。
あの落ち着きと気品、
素敵だと思います。

みんな、健やかに成長して、
それでいて、中身はみんなそのままで、
本当に純粋。

久々に、中学の頃の純粋な気持ち、
思い出した気がして、
とっても元気が出ました。

b0023052_557538.jpg
ありがとう、
michiちゃん。

ありがとう、
上条。

ひそやかなプチ同窓会でしたが、
再会できて、嬉しかったのでした。
[PR]
by ami-cosmo | 2007-01-15 08:00 | 近況・日常

網鉄


b0023052_19463220.jpg
先日、12歳の頃にお世話になった方と
お話する機会がありました。

「暇だから姓名判断見てたんだけどねー。」
と第一声。
「あなたスポーツ選手に向いてるねー。王選手と一緒なんだよ。」
とB氏。

「そうなんですか。」とわたし。

「確かに、運動は好きでした。保育園の頃、骨折したけど、
運動会では一等だったり。」
とお伝えすると、

「でしょ?」
とB氏。

「特に、走るのが好きでした。あと、格闘技とかも好きです。」
とお伝えすると、

「あー、背が足りないよねー(笑)。」
とB氏。

続けて、
「あなた本当に強情でしょ。この画数はものすごい強情。
誰が何を言っても聞かない。わが道を行くタイプ。」
とのこと。

「大きくなってから、だいぶ変わって、今は人に合わせてしまうようになったんですけど。。。」
とお伝えすると、

「合わせてるんでしょ?でも本当は、考えがあるわけでしょ。
あなたの場合、納得したことに関しては、共感するけど、
そうじゃない場合は、絶対にこれだと思ったことを貫く人だよね。」
とB氏

なるほど。
合わせたところで、強情は変わらないのね。。。

「あ!そういえば、呼ばれ方変わってから、人生変わった気がします。」
というと、
「うん、その強情さを直しましょうってことじゃないの?笑」
とB氏。

そうかもしれない。。。

「剛鉄のようだよね。18は、王監督と一緒で、20歳からスポーツ運がすごくあるんだよ。もったいないねー。」
とB氏。

そんなこといわれても。。。

その後、お仕事のこと、
心の変化があった時の体験談、
光の生命体のことなど、深いお話をお聞きしました。

運動を意識したから?かわかりませんが、
昨日は久々に、ハタヨガのまとまった教材で1時間くらいヨガ。
ビデオを使いましたが、
バランスよく、わりと高度なのも入っていて、
身体の各部位を伸ばすことができ、スッキリしました。

そして今日は、久々にブルーワーカーを40分くらい。
息を吸って姿勢を保持することで、
内臓が強化され、筋力がつきそうな感じです。

体の歪み、気の滞りをなくして、
エネルギッシュになるぞ!
と思う、今日この頃なのでした。
[PR]
by ami-cosmo | 2007-01-07 08:02 | 近況・日常

タイミング

b0023052_16223461.jpg
少し前から、
食料に困っているというお友達からの連絡があって、
非常食や缶詰など送ろうと思っていました。

元旦でも宅急便屋さん、営業しているかな?
とmamekoさんに伺ってみたところ、
年中無休のはず、とお返事が。

ふたつ先の駅から歩いて行ってみると、
営業は5日から、とのこと。

その貼り紙をみて、愕然と立ち尽くしていると、
なんと宅急便屋さんの車が通りかかりました。
思わず、窓越しに、「営業しているお店、ありますか?」
と叫ぶわたし。
運転手さんは、やや驚いたご様子で、
「ちょ、ちょっと待ってください。」
とおっしゃって、車を端に寄せて、
止まってくださいました。

「この時期はどこも休みですよー。」
と運転手さん。

「そうですか。。。あの、これ、預かって頂けませんか?」
とわたし。

運転手さんは、快く、「いいですよ!」
とおっしゃってくださいました。
「それにしても、タイミング良かったですねー。」
と運転手さん。

(捕まえたー!信じられない。)と思いつつ、
「ありがとうございます。本当に助かりました。」
と感謝して、荷物を渡しました。

最近ドラマのようなことはいろいろとありましたが、
こういうこともあるのですね。
驚きました。

b0023052_16342552.jpg
この日、mari姉たちから、初詣のお誘いも頂いていたのですが、
時間的に、間に合わず。
それでも1人で駅までは行こうかな、と思い、
向かいました。

わたしが着いたのは、
そろそろ帰るという連絡を頂いた時。

お忙しいにもかかわらず、
「待ってるから、早くおいで。」とmari姉。

なんとかご一緒させて頂くことができました。
本当にありがとうございます。

ちょっとドタバタでしたが、
タイミングの良かった元旦の日でした。
[PR]
by ami-cosmo | 2007-01-02 08:04 | 近況・日常

2007年

b0023052_15294043.jpg
明けましておめでとうございます。
今年が、すべての人にとって、
真の至福に満ちた年となりますように。

2007年の内的目標は、
『神の心を体現する』です。

神々のように、強く、広大で、
人々を安らがせるような、
愛に満ちた心の働きを培い、
少しでも体現できるようになりたいと思います。

そのために、

優しさと憎しみなら優しさを、
プラス思考とマイナス思考ならプラス思考を、
謙虚さと卑屈さなら謙虚さを、
智慧と無智なら智慧を、
瞬間瞬間に選択できるよう、
心がけたいと思います。

b0023052_1533554.jpg今年の現実的目標は、
『できる限り良いことをたくさんする。』
(最善を尽くす)です。

自己の持ち合わせる、まだ発現していない、
ポテンシャルをアビリティに変え、
その限りを尽くして善を積み重ねることができたらと
思います。

b0023052_1533319.jpg
2006年は前半
とても祝福があって、
縁ある人々と共に進化できる喜びに感謝しました。

そしてこの年は総合的に、
浄化の年でした。
そこで起きた、
内的・外的現象から、
苦しみをつくりだしている
心の働きと、
その心の働きによる
身体的傾向を
知ることができました。

2006年の目標は、2005年に引き続き
一挙手一投足において、意識を微細に保つことでしたが
その目標に、ほんの少しだけ近づけたかもしれません。

去年の気づきを今年の学びと成長に繋げて、
干支であるイノシシの如く真っ直ぐに
前進して行けたらと思います。

そして、天に届くような、みんなが元気になるような、
光り輝くお菓子が作れるように、日々精進したいと思います。

どうぞ今年もよろしくお願い致します。

すべての生きとし生きるものに、神々のご加護と祝福がありますように。
[PR]
by ami-cosmo | 2007-01-01 08:00 | 近況・日常

アレルゲン。

b0023052_2057281.jpg
先週金曜日に病院に行って、
アレルギーに関する血液検査の結果を聞きました。

ハウスダストと、ダニのアレルギーが出ているそうで、
特にダニの数値が高かったです。

フローリングなのにダニのアレルギーが出ていることを、
不思議がられました。

喉のアレルギーもあるとのことで、
普通の掃除はいいけれど、
大掃除などをする前は、
薬を飲んでからしてくださいとのことでした。

とりあえず毛布などを洗濯してみてくださいとのこと。

前回薬が多かったのが気になったと伝えたところ、
2種類に減らしてもらえました。

ひとつは前回と同じもので、
もうひとつは、症状がひどい時に飲む、
強めの薬で、眠気が出たりするのと、
ステロイドが入っているようでした。

さすがにステロイドを飲みたくはないので、
しばらくクリアヨガを続けてみようと思いました。

b0023052_19435964.jpg今日は久々の晴れ。
前日にたくさん雨が降ったからか、
とってもあたたかかったです。

とりあえず、お掃除!
と思って、マットを洗濯し、棚や床をぞうきん掛け。

家は道路が近くて、毎日お掃除しても、床が真っ黒になるくらいなので、
そらちゃんのように、ひたすら収納するのが良さそう。
お掃除上手なお友達を見習わなきゃ、と思うのでした。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-12-27 20:06 | 近況・日常

心の豊かさ

b0023052_16232470.jpg


以前から決まっていた、
sachiちゃんとの約束。

その前に覗いていたすぴこん会場にいたときに、
「今起きたー。」との連絡が。
地球交響曲第一番上映中だったので、
ちょうど良かったのでした。

すぴこんは、お友達に券を頂いたので、
行ったのですが、
会場に行くのもばらばらで、
ついてからも自由行動なので、
行き、会場、帰り、共に1人。

修学旅行の自由行動みたいでした。
(修学旅行の自由行動でも友達といますよね。笑)

インド占星術のインド人さんが少し気になりましたが、
目にとまったところはそれくらい。

元々、霊能者というのは、好きではないのでした。
わたしにとっては、
見える、聞こえる、感じる、というのは、
当然のことで、
それはみんなが本来もともと
持っているものだと思うんですね。

だからこそ、スピリチュアル系、といって、
それを売りにするよりも、
わかっていながら、
ただ、優しい存在、という方が、
わたしにとっては、
ずっと崇高に思えるのでした。

会場で、思わぬ方を目撃して、
声をかけたら、そちらも驚かれていました。

地球交響曲第一番が始まるとのことで、
3階へ。

一粒のトマトの種から、
一万三千個の実のなるトマトを育てた野澤重雄さん、
8000メートル級の山を、酸素を持たずに登って、
生きて帰ってきた登山家、ラインホルト・メスナー
親を殺された象の赤ちゃんを、孤児院をつくり
育てた動物保護活動家、ダフニー・シェルドリック
地球を初めて見下ろした時に感じたことを伝える、
元宇宙飛行士、ラッセル・シュワイカート
歌を通して、ケルトの世界を伝える、
シンガーソングライター、エンヤ
など。

どれも素晴らしいですが、
やっぱり生命の無限の力を信じて、
その奇跡を成し遂げた野澤重雄さんと、
登山を通して、生死に深い関心を持ち、
奇跡を成し遂げた、
登山家のお話には感銘を受けました。

メスナーは、雪山で倒れていた時、
いるはずのない少女がはっきりと横に現れ、
話しかけられ、会話をして、
その少女のおかげで、
帰ってくることができたといいまます。

その話しをきいて、
チベット密教で修行者を励ます存在である、
ダキニと似ているなと思いました。

メスナーはその後、チベット仏教の宇宙観に共鳴して、
寺院風の家をつくり、
そこで日々修行をしているのだそう。
ダライ・ラマと共に写っているお写真もありました。

死と生の境から、地球から離れた宇宙空間から、
自然界の中から、本質的なことに対する、
大きな関心を持ち、
心の変化を遂げた方々のお話でした。


すぴこん会場で、気づいたら突然自分の髪の毛が
一部被爆したみたいに、ちりちりのうねうねになって
凄まじく痛んでいたことに気づき、驚きました。

髪の毛は、プラーナ(気の働きなど)と関係しているようなので、
極度に損なわれたのかなと思いました。

とくにすぴこん会場や、中野ブロードウェイのような場所、神社、
などは、合う気も合わない気も混在している、ある意味では危険な部分もあるので、
気をつけたいなと常に思っています。

髪の毛を見て、ひぇ!と思いながら
椅子に座って、すいとうのお茶を飲んでいたら、
突然、
「あれ?amiちゃんじゃない?」
振り返ると、なんとasapi
お友達というお姉さんとご一緒でした。

凄い偶然でびっくり。
もともと神秘的な世界は興味あるけど、
そういうことは、まったく知らないと言っていた
ビールっ腹さんですが、
もはやその会場は似合っていました。

ちょっとご飯を食べてから見に行くとのことだったので、お二人のために、
席をあけて差し上げました。

b0023052_16105917.jpg

その後、一ヶ月ぶりの、sachiちゃんとお話。
珍しく、いつもお話しないような、
お仕事のいろいろな悩み、
心の悩みなど聞きました。


b0023052_16202780.jpg

本当に驚いたのですが、
金融系のプログラマーって大変ですね。
部外秘、言われた条件と全く違う待遇、
相談できない状況、
みんな内臓にきてる、
一人抜けたら会社に多大な負担がかかる
代わりがいない、
それでも頑張っているsachiちゃん、
凄いなーと思いました。


少し前に、若き物理博士が、
「地球へ(テラへ)」
という作品が、今までで一番感動した作品です。
と教えてくれたのですが、
偶然にもわたしは12歳の時に、そのアニメ版を、
これは未来の話しだから、と教材として、
見せてもらったことがありました。

当時小さかったわたしは、そのストーリーを
ほとんど理解できていなかったのですが、
mari姉にお聞きしたところ、
その物語は、コンピューターによって支配される人間と、神秘力を持つ生命種による戦いのお話とのこと。

sachiちゃんからプログラマーの世界を聞いた今、
まさにコンピューターに支配される人間って、
現代人のこと?って思ってしまいました。

プログラマーのお仕事をしていると、
期限がせまるにつれて、
パソコンを自分が操作しているのではなく、
自らがパソコンに操作されているような気分になって
くるのだそうです。

NECの社内でも、お昼休み、
社員さんがみんなで、「このお薬は効くよ。」と、
交換しているような世界、
と少し前に聞きましたが、どこもそういう感じで、
みんな大変な状況なのだそうです。

聖者から教えて頂いた、
アーナパーナサティーの瞑想法を
すすめたら、「そんな瞑想法があるんだ!」
とのことで、
「やってみる!」とのことでした。

わたしもそろそろ、アーナパーナサティの方も、
真面目にやってみようと思う今日この頃。

地球交響曲第一番では、
科学技術の発達は、悪いことでも良いことでもなくて、
問題は、それをどう使っていくかということ。
そして今必要なことは、個人個人における、
心・意識が変わっていくこと。
その上で、科学技術を使うなら、この地球はまだまだ持つと思うし、
もし、人々が物質的欲求のために、
科学技術を使うなら、この地球は滅んでしまう。
それくらいの力を、人間は持ってしまっている。

という言葉がありましたが、
本当に今大切なことは、
きっと心の豊かさなんだな、と痛切に感じました。

b0023052_16191987.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2006-12-16 23:09 | 近況・日常

姫との再会。

b0023052_20281052.jpg
先日、ずーっと前から延び延びになっていた
sacちゃんとの再会を果たすことに。

年内には合おうね。という約束が、
潜在的に効果を現したようです。

早く着き過ぎたので、歩いていると、
たくさんのサンタさんが行進しているところに遭遇。
先頭はトナカイさんでした。

人混みをすり抜けながら、1分遅れくらいで、
sacちゃんと再会。

sac姫は相変わらずキラキラと可愛いオーラを放っていて、
相変わらず、多忙にじいや達のお世話をされているようでした。

sacちゃんがプリデパートというところを案内してくれて、3枚撮った後、
sacちゃんの大好きというもんじゃ屋さん。

宝石の言葉が大好きなsacちゃんにも、
聖者から頂いたマンダラと蓮のお葉書を
一枚ずつ選んで頂いて、差し上げました。

1時間半くらいと短いお時間でしたが、
有意義なひとときでした。

その後、これから忘年会というsacちゃんを、
待ち合わせ場所までお見送り。

10年来の自称ボディガードさん
お二人に、ご挨拶してから、おいとまさせて頂きました。

b0023052_20284327.jpg
帰り際、今年はちょっとだけ
サンタさんのお手伝いしよう、
ということで、チワワの真実ちゃんや
お友達のプレゼントを選びました。
犬用のワッフルとか
卵ボーロなどのお菓子があって
かわいかったです。

この日、sacちゃんもわたしも病人だったわけですが、
かわゆい子供達のためにも、
姫を慕うじいや達のためにも、

sacちゃんには長生きして頂きたいな、
と思ったのでした。

sacちゃん、ありがとう。
そして、お疲れさまでした*
[PR]
by ami-cosmo | 2006-12-15 15:25 | 近況・日常

体調、その後。


b0023052_1683422.jpg
通院日なので病院へ。

「だいぶ綺麗になりましたね。」とのことで、
ヨウレン菌と、大腸菌は検出されなかったそうです。

そのかわり、腸球菌というものが検出されたとのこと。
「もともといる菌だから、大丈夫だけど、
お腹の調子がわるくなったのは、その影響もあるかもしれないから、
内科でみてもらっても良いかもしれません。」
とのことでした。
「結石の方は、治ってはいても、またなる可能性もあるから、
水をたくさん飲むようにしてくださいね。」
と先生。

耳の中でカラカラカポカポ音がなっていると、
少し前から気になっていたことをお伝えしたら、
それは耳鼻科で見てもらってくださいとのこと。

大変お世話になりました。

そして次の日、耳鼻科・内科へ。

耳にカチカチの石のようなものが入っていて
また、動物か何かの小さな毛が入っていたそうで、
とって頂きました。

こまくにも何かついていて、そちらも除去。

内科は幸運にも女医さん。

深夜に運ばれた時もそうでしたが、
ここは女医さんが多いのかな、と思いました。
何かとってもほっとします。

女医さんによると、
「慢性的なお腹の不調は、
ストレス性のもので、ウィルスによる影響では
ないでしょう。」
とのこと。

環境が変わったりストレスがかかると、
腸が早く動いたり、突然止まったりするこ
とによって十分に水分を含まず、
そのまま出ることによって、
お腹が痛くなったり、お腹をこわしたりするそうです。

ストレス性腸症候群というらしく最近ではかなり
多いとのこと。

「精神的には耐えられても、腸や内臓は敏感なんですよね。」

と女医さん。

お腹の動きは、ビオフェルミンが効いているためか、
今は良い感じで動いているらしく、
変な音はないとのことでした。

その後、耳鼻科の先生にいわれた採血をしてから、
帰りました。

来週、血液検査結果が出るようです。
ホコリ、カビ、ゴミ、動物の毛、ヒノキなどによる、
アレルギーがあるかどうかの検査。
何故、食べ物ではなく、ホコリ?と思って、
思わず看護婦さんに質問してしまいました。

処方されたお薬は、5種類。
前日のビオフェルミンと合わせて、6種類。
史上最大。

とりあえず、保温して、水分をしっかりとって、
ヨガを取り入れる時間を増やして、
リラックスを心がけようと思います。

みなさまもお身体にはご自愛くださいませ。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-12-15 15:02 | 近況・日常

小さきものの声


b0023052_3285052.jpg
先週の金曜日、通院日なので、
作業が終わってから病院に行ってきました。

検査結果によるとわたしの体内には、ヨウレン菌と
大腸菌が検出されたらしいです。

水分をとってたくさんとってくださいとのことで、
菌に対抗するためのお薬が、一週間分出ました。
気になるので、
来週の金曜日にまた検査のために来てくださいとのことでした。
免疫が弱まっているのかもしれません。

診察室を出る前に、一応、
「今住んでいる家は、冬でも窓を開ける人がいるのですが、冷えは関係しますか?」
と先生に伺ってみたところ、
「そんなことしたら普通の人間なら凍死します。
その人は心臓の病ではなく心の病です。診療内科に行った方がいいでしょう。」
とおっしゃっていました。

息苦しくて窓を開けるのも理由があると思うし、止めるのも可愛そうだし、かといって暖めないといけないし、
部屋を移動するか、扉をつけるか、移住して通うか、
など帰り道を歩きながら考えていました。
帰ってからお話してみたところ、
必要な時以外は、閉めて頂けるとのこと。
それで、どれくらい暖まるか、様子を見てみましょうとのことでした。
冷えによるダメージは、改善されていきそうです。

ヨウレン菌は、小さい頃、扁桃腺の障害や喘息などを
持っていると入りやすくて、
それが体内でじわじわと腎臓を壊すらしく、
無理・冷え・重労働は厳禁なのだそう。

東洋医学にお詳しい方にお伝えしてみたところ、
いろいろ教えてくださいました。

感染症の症状が無い場合、
溶連菌はノドの扁桃腺に定住しているらしく、
アーユルヴェーダ的観点から言えば、
したがって溶連菌は、
ヴィシュッダ・チャクラと関係があるかも
とのことでした。

免疫力の増大に適しているのは、
ヨガの呼吸法の火の呼吸が良いのだそう。

ポイントを押さえることが重要みたいなので、
その辺注意しながら、今後も続けようと思いました。

***

溶連菌に関して、頂いた詳細。


溶連菌(溶血連鎖球菌)は、のどの炎症を起こす一番ありふれた細菌です。溶連菌感染は、かなりひどい炎症や、感染した本人の体力の低下がないかぎり、しっかりと治療を受けてたら1週間くらいで全治します。ここでしっかりと治療するという意味は、症状が無くなってからも、体内から溶連菌を除去するために、処方された抗生物質をしっかり飲み続けることです。

大人の場合、溶連菌感染症が、口蓋扁桃腺炎の原因になったり、さらには病巣感染性扁桃炎の原因になることがあります。

通常、溶連菌に抗生剤がよく効きます。したがって、抗生剤をのみ始めて2日もすれば、熱、のどの痛み、発疹などの症状は治まって来ます。しかし、ここで安心してはいけません。溶連菌は扁桃腺の中などに潜んで、慢性の炎症をおこすことがありますので、抗生剤を10日~14日続けて内服し、できるだけしっかりと殺しておくことが重要です。

抗生剤をきちんと内服して2日経っても症状が改善しない場合は、薬が効いていない可能性があり、来院して診察を受けてください。

溶連菌感染症にかかると、急性糸球体腎炎になることがありますが、抗生剤をきちんとのむとこの確率はぐっと減ります。

腎臓というのは体の老廃物をろ過して外に出す‘ふるい’です。死んだ溶連菌を含んだ塊が、このふるいの網目に詰まり、ところどころ網を破ると急性糸球体腎炎と考えたらよいでしょう。

やぶれた網目から血液が漏れ、血尿、蛋白尿が出ます。大きく破れたら真っ赤な血が出ます。小さく破れただけだったら、少しだけ血が出ます。一方では、網の目が詰まるので、尿が十分出ません。

体に水がたまってむくみが出、血圧が上がり、頭が痛くなってきます。この、血尿、むくみ、頭痛(吐き気)が急性糸球体腎炎の症状です。急性糸球体腎炎は、積極的に治す治療法がありません。入院して安静にし、水分と塩分を極力控え、利尿剤で尿を出したり、血圧を下げたりしてしのぎます。

この急場を何とか乗り切ると、自然に治る可能性が高く、つまった網の目はまた開通しますが、破れた網の目はもう元には戻りません。ほとんどの網の目が破れると、慢性腎炎、さらには腎不全となり、一生透析が必要になることもあるのです。

***
b0023052_329953.jpg

お仕事に関しては、水・土の作業内容を、
冬の間でも、変わって、
徐々にデスクワークも覚えてもらおうかと思っている
と、職場の方が提案してくださいました。
ご自身は動いた方が体調に良いとのことで、
今やっていることをこうたいしたら、
二人とも健康になれるのではないかとのことでした。

それに伴って、
パソコンのお勉強が必須になってきます。
来年は頑張ってお勉強しようと思います。

今日は通院日なので、午後病院に行く予定。
症状が良くなっているといいなと思います。

やっぱりこういう時は、

「敵もなく、味方もなく、繋がり合う小さきもの達よ、今こそ集いて、命の証を示さん…」

という意識が必要でしょうか。
免疫力、高まると良いなと思います。

守ってくださる神々、支えてくださる縁ある方々、
お友達に、心から感謝します。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-12-14 23:00 | 近況・日常

12月の懇親会

b0023052_15552355.jpg


この日、月に一度の、大家さんとの懇親会がありました。

体調よくないし、参加しない、と言っていたものの、
結局最後まで参加しました。

大家さんは、ヨガを習いたいとのことで、
この日、初めてみんなでヨガをしました。

祝・初ヨガ☆

ビデオを見ながら、
前屈、ねじり、反りのポーズをだいたい一つずつと、
その間に、完全弛緩の屍のポーズで休んで頂きました。

大家さんは、初めてとのことなのに、
とっても柔らかくてびっくり。

左肩が痛いとおっしゃっていたのですが、
終わったあとは、痛みもひいて、
とってもスッキリされたそうです。

良かった*

今後も続けていかれたら、
きっといつか、ヨーガの達人になられる日も
来るのではないかなと思います。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-12-10 15:53 | 近況・日常