ブログトップ

カテゴリ:自然派。( 33 )

アースガーデン

b0023052_1383668.jpg
少し前に、アースガーデンに行ってきました。
わたしの働いているお店も出店するとのことで、
職場の人から「是非行かれて、いろいろ見て来てください。」
といわれていたのでした。

土日に行われたアースガーデン。
一日目の土曜日は雨。

この日わたしはいつもの店舗でお仕事でしたが、
職場の人はランニング一枚で頑張っていたようです。
さすがに帰ってきてからは机に突っ伏しぐったりとされていました。
こんなに頑張った人にいわれたんだから、行かなきゃ、と思いました。
その方は、アースガーデンのために、ずっと準備したり、
にんじんの収穫に行かれたりしていました。

b0023052_139735.jpg
成果あってか、日曜日は晴れ。
わたしは日曜日に見てきたのですが、
お店の葉つきにんじんを、歩く人みんなが持っていたり、
かじりながら歩いている人も多くて、嬉しかったです。
国産の有機野菜がとっても似合う場所。
とても平和な空気が漂っていました。




布良という、石鹸やシャンプーなしで、髪や体が洗える綿のお店に通りかかりました。
ごわごわしてきたら台所用、雑巾、果ては土に還るのだそう。
なんとも有機的。そして触ってみると、ふわふわしていました。

あとは、タオ指圧のチャリティーマッサージのブースがあったり、
チベットの塩屋さん、フェアトレードの雑貨屋さん、
また、民族楽器を使ったコンサートも行われていました。

人がたくさん集まっているのに、
単なる宴会と違って、
ゴミなどがほとんど落ちていませんでした。

こういうイベントがいつも行われていたら、
みんなが、自分のいのちがあらゆるものに助けられていて、
一部なんだと感じられるのかなと思いました。


さて、最近わたしは数日前から扁桃腺の腫れが出て、
それが治まってきて風邪のような感じ。
今回は自然に治したくて、
いまのところ病院や薬には頼らずにいます。

心なしか安らぐ気がして、ねぎをまいたまま職場に行きましたが、
誰も気づかず。
お仕事おわってから、カミングアウトしたところ、
「ええええーーーーーーーーーーーー!?」
とみんながみんな、すごい声を出して驚いていました。
「未だにそんな民間療法を実行している人が、ここにいるなんて!!」 と。

今日はmari姉さまにお会いしたけれど、(この間もお会いしたけれども)
やはりのど腫れていらっしゃるようで。
なぜかいつも同じ時期に風邪を引くという不思議現象であります。

急に寒くなり始めて、(それでも暑い日もありますね。)
冷えたりもすると思うので、
みなさまも暖かくして、お体ご自愛くださいませ。

[PR]
by ami-cosmo | 2007-11-07 23:34 | 自然派。

いのちに祈りを。

b0023052_316487.jpg

自然食品と自然雑貨のお店で働き始めています。
といっても、まだトレーニングの段階。

もともと地球環境とか、
心と身体に良いものを提供できたら、
と思っていたので、良かったです。

普通のスーパーとは違って、
店内にはクラッシックや癒し系の音楽が流れています。

忙しくても、居心地良く感じられるのは、
身体と心に良いものに囲まれているからかもしれません。
かといってリラックスし過ぎても、
と思い、レジでは緊張しています(笑)。

一日ごとに変わる割引商品とか、
週間で変わるものとか、
一ヶ月単位の割引とか、
メンバーズカードをお持ちの方のみの割引商品とか、
注意しておかなければならない点がもりだくさん。
慣れたら大丈夫、だと信じたいです。

b0023052_3173711.jpg
手際がよくなかったり、
わたし自身は至らないところが多いような気がしているけれど、
昼礼の時にみんなで読む理念とか、
とっても素敵だなと思います。
とくにわたしが共感している部分は、

『ひとりひとりのできることは小さいけれど、あきらめない勇気、変えようとする信念、そんな“祈り”が大きな力となるとき、私たちは、自然への恩返しができるのだから。』

という一文。

ひたすら利益を追求する社会で、
そういった概念を持っていられることは、
素晴らしいことだし、大切なことだと感じました。

b0023052_318284.jpg
わたし自身、少し前までは、
過酷な仕事環境や、
それ以外にも色々なことがあってとても大変でした。

最近は、どんな対象にも、共感し、
称賛できる部分を見出していき、
心の領域を広げて壁をなくしたいと思うようになりました。

まだまだできていなくて、
発展途上ではあるけれども、
心の豊かさも自然への恩返しと無関係でない気がするので、
頑張っていきたいなと思います。

そういえば、職場の人が見つけたさなぎを、
捨てられないように逃がそうと思って、
紙で作った箱に入れたまま、
置いてきてしまいました。
気がかり。

さなぎさんを逃がすことに賛成してくださったお姉さんが、
逃がしてくださっていることを祈ります。
さなぎさん無事だと良いな。
(って、みらちゃんの日記みたいになっちゃった。笑)

[PR]
by ami-cosmo | 2007-09-01 03:18 | 自然派。

生き物を大切にしませう。

b0023052_1053533.jpg
先日、お客様をお見送りして、扉を閉めようとしたら、
みらちゃんが、「虫がいるの。」と教えてくれました。

足元を見ると、カブトムシを小型にしたような形の虫さん。
弱っているのか、じっとしています。

外に逃がした方が良いですね。
ちょと待ってて。紙を持ってきますー。

そういって紙を取りに行って、
虫さんを、お店の脇の花壇に移動。
ここなら草や土がたくさんあります。

虫さんを逃がして、お店に入ろうとすると、
ゴミ置き場にゴミを出していたおばさまが、

「お姉さん、虫を逃がしに行ったの?」とおっしゃいました。

わたしが、「はい、そうなんです。」

とお返事すると、

「そうね、あそこにいた方が良いわよね。」

と、にっこりと微笑みながらおっしゃってくださいました。

最近、小さな虫さんが飛んでいる時に、
会社では社長が、
外ではいろんな人が、
ぱちんと殺してしまう現場を目撃して、
哀しい気持ちだったので、
おばさまが虫さんを逃がしたことを
一緒に喜んでくださったことが、とっても嬉しかったです。
小さな生き物を大切に思ってくださる方って、
思わぬところにいらっしゃるのですね。

b0023052_10586100.jpg
生き物を大切に、といえば、
何匹かのうさぎさんやにわとりさんが公園に捨てられていて、
拾ったことが記憶に新しいですが、
その後まもなくして善福寺公園でも、
捨てられてないているガチョウを発見しました。

大きな声で仲間を探しているのか、
最初は悲しそうな声でした。
そんな中、優しい人がいらっしゃるのですね。
バケツとキャベツを持ったお姉さんが、
ガチョウのお世話をしてあげていました。



バケツには、ガチョウはある日突然捨てられていて、
羽がもともと折れていました。と書かれていました。
当てもなく道端を歩き回る大きなガチョウさんが
とてもかわいそうに思えました。

それから何日か過ぎて、
ガチョウさんが気になったわたしは、
何度か善福寺公園に訪れました。
バナナをあげようと試みましたが、
食べませんでした。

b0023052_1102740.jpg
まだひとりぼっちなのではないかな、と思って訪れた夜、
ガチョウさんはお友達のカルガモさん2匹と仲良く眠っていました。
良かった!お友達ができたんだ。
安心して仲良く眠る3匹を見て、
わたしもとても安心しました。

その後、善福寺公園では、
ガチョウを守る会、という会までできて、
いつも道端にいたガチョウさんは、
大きな池を優雅に泳いでいました。
優しい方々がいらっしゃるのですね。
心から感謝です。

ガチョウさんやカルガモさんたちが、
ずっと仲良く幸せに暮らせますように。

もし、ガチョウさんやカルガモさん、
虫さんと出会ったら、
優しくしてあげてくださいね。


[PR]
by ami-cosmo | 2007-07-22 08:48 | 自然派。

デトックス

b0023052_1343188.jpg7月の始めに、わたしは3つのことを決意しました。

1 一日一時間以上ウォーキングすること。

2 一日一時間ヨガの呼吸法をすること。

3 一日一時間内側を見つめる瞑想をすること。


さて、このうちの1番に関しては、
今のところ100%達成できています。

先週の日曜日は、心の旅に出る便に乗りそびれました。
それでも、朝の5時からウォーキングしたので、
わたし的には心の旅ができました。

歩いた場所は井の頭公園。
ジブリ美術館のすぐ近くです。
緑に囲まれて、朝はとっても空気が澄んでいるの。

もぐらさんの掘り起こした穴を、
たくさん見つけました。

b0023052_1345851.jpg
お仕事の日は、もちろん通勤時にも歩きますが、
帰宅してからも少し歩きます。
この間、ビラ配りしながら歩いていたら、
カエルさんに遭遇。衝撃
大きく写そうと思って近づくと、
ぴょんぴょん、と門の中を潜って逃げられてしまいました。








都会の生活には、常にデトックスがかかせません。

それはわたしにとっては、
緑に囲まれ、
澄んだ空気の中をウォーキングすることだったり、
ヨガの呼吸法をすることだったり、
瞑想することだったり、
シャワーに入ることだったり、
綺麗な音楽を聴くことだったり、
尊敬する方のお話を伺うことだったり、
誰かに優しくすることだったり。

そういう時に、心の内側の声に耳を傾けて、
そうか、こうしていこうとしていたんだな、
いま、こういう状況にあるんだな、
とありのままに受け止められる気がします。
もともと、山に囲まれて育ったので、
それが自然なのかもしれません。

喧騒の中を駆け抜けることと、
静かに内側を見つめる時間。

ためた毒素を発散させるのもありかもしれないけれど、
上手にデトックスできる人になりたいな、と思います。

[PR]
by ami-cosmo | 2007-07-13 01:02 | 自然派。

天然主義。


珍しく、至って乙女向けな日記を。
(乙女の皆様ご参考までにどうぞ。)

さんごさんやMamichaちゃんが、
髪に良いものを探しているということを、
少し前に伺って、
それからオススメの天然製品について考えていました。

わたしも、いつからか、
普通に薬局で売られている市販品だと、
とても毒性を感じて使わなくなりました。

過去使ってみたもので、
わりとオススメなものを、レポートします。


中学生くらいの時に出会ったのが、
ノナ ヘアソープ
b0023052_4524192.jpg

ついてきた説明書には、エジプトのような絵が描かれていました。

ハーブ、エッセンシャルオイルなどが使われていて、
海や川を汚さない天然成分仕様。
洗った時、少し時間を置いて流すことで、
潤いを保つ作用があるので、リンスのいらないシャンプーです。
トリートメントもありますが、5日に1回で良いそうです。


mixiでも紹介されていた、アスカ

完全に天然、ということでいえば、アスカは純度が高そうです。
以前シャンプーだけ使ったことがあります。
ラベンダー精油が使われている、
ほどよく潤うサッパリとした感じでした。

少し前に、無料プレゼントをしていて、
とりよせてみました。
お友達に同じものをプレゼントできるというお葉書が
二枚入っていて、
一枚はMamichaちゃんにプレゼントさせて頂くことに。
あと一枚あるので、もし希望される方がいらっしゃいましたら
ご連絡くださいませ。


良く日記などで紹介されている、ロクシタン。
b0023052_502221.jpg


小さいタイプのものを試しました。
最初は洗った後にきゅっとするので、大丈夫かなと思うのと、
ハーブの香りがとても強く感じられて、
大丈夫かなと思うのですが、
ハーブの力なのか、汚れがすべてさっぱりとれた感じと、
草原のようなハーブの香りがくせになる方も多いみたいです。


洗った後の感じがやわらかなのが、
オブヘアー
b0023052_453301.jpg

こちらも髪への優しさを意識している製品のようです。
ロフトに行くと、店舗によっては、サンプルをもらうことができます。


以上が、今のところの乙女の皆様にオススメのシャンプーです。

本当は、廃油石鹸などの石鹸シャンプーと、
酢リンスもしくはクエン酸リンスが一番髪にも体にも、
地球にも良いみたいで、
jujuは最近それを実行しているみたいです。
素晴らしい*
わたしが一緒に住んでいるお姉様方も、
そうされています。

アレッポの石鹸は、髪も体も洗えてしまう天然石鹸だと
お聞きしたこともあります。
b0023052_523111.jpg

お家の廃油で手作りするのも良いですね。
以前、お世話になった工場で、
Kさんが作っていらした手作り石鹸は、
わたしも愛用しています。

環境ホルモンは、脂肪にたまりやすいらしくて、
女性は特にその影響が大きいみたいですね。
手術などでお腹を切ったりすると、
シャンプーの匂いがするというくらい、
体内に入り込んでいると聞きます。

髪にも体にも心にも、
自然に回帰したものが、
本来最も良いのでしょうね。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-10-10 22:00 | 自然派。

偉大なる東洋医学


b0023052_1824516.jpg
先日、お姉様のご依頼承って蒸し物。
踊りの方々にも喜んで頂けて良かったです。

その時、蒸し器の熱された金属の扉が腕について、
ジュワーっと火傷。

冷やしたけれど、ビリビリヒリヒリ。

火傷には、紫雲膏とティートリーが良いと、
以前聞いていたので、
まず最初ティートリーのエッセンシャルオイルを
つけてみました。

かなりの激痛。

b0023052_188610.jpg
急いで洗い流して、紫雲膏をつけてみると、
痛みが少しずつ引いて、安静な状態に。

すごい!漢方薬。東洋医学の力。

どうも、わたしには紫雲膏があうみたいです。

小学生の頃、突然手の指の皮膚が腐ってしまった時も、
名医に紫雲膏を処方されて、
何日か塗り続けたら、
みるみるうちになおったことがありました。

腕には、ロケット型のようなやや大きめな痕が残ることに。

このままアートにするか、その色になるまで日に焼けるか
したら、目立たないかもしれませんが、
これ以上日に焼けたりでもしたら、
インド人に現地の人と間違えられるし、
日本人には日本人扱いしてもらえなくなるし、
日常生活に支障が出ることも明らかなので、
自然に治るまで放置することにしました。

そういえば、かなり前ですが、捧げるためのお菓子作りで、
ものすごく荒れていた手が、
数分のうちで真っ白になったということを、
体験させていただいたこともあったので、
日々心を込めて、生きていきたいと思いました。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-06-19 17:50 | 自然派。

クリアヨガで花粉症対策

春、芽吹きの季節となって、お友達の日記でも、
花粉症に苦しむ方が増えてきました。

先日、ともぴーさんとかんのんさんにコメントでご紹介した
クリアヨガ(浄化法)を、もう少し詳しくご紹介します。


*ジャーラネーティー

b0023052_9555661.jpg
ぬるま湯に、伯方の塩などの自然塩を、
0.9%くらいの濃度(生理食塩水くらいの濃度)で溶かして、じょうろやポットに入れます。

少し顔を傾けて、じょうろの水を、片方の鼻から入れて、もう片方から出します。

終わったら反対側から同じ要領で鼻を洗います。

もう一つの方法としては、片方の鼻から吸って、
口から出す方法があります。
これも両側の鼻で行います。

鼻うがいとして、すでにされている方がいらっしゃるかもしれません。


だいたいわたしは、片方2~3リットルくらいすると、とてもすっきりしました。

鼻にしみそう、と思いがちですが、塩が入っているのでしみません。


*ひもを使ったネーティー

専用のひもを、片方の鼻から入れて、喉に到達するまで入れます。
のど元に来たら、それを手で口から出します。
両手で一本ずつ、片方のひもを持って、上下に動かします。

ヨガのスクールではチューブを使うようですね。
tikoさんの日記に、ひもの作り方も載っていたので、
一部ご紹介します。

『細い4mmぐらいの紐を用意します。(これは巾着などに付いているようなもので、手芸用品売り場にあります。)
これを適当な長さに切って(30cmぐらいかな?!)先を細くよって、蝋で固めるなどして細くします。最近の紐はポリエステルで出来ているので、ライターなどであぶりながらよっていくとうまく細くなります(この場合蝋は必要ありません)。靴紐の先のようなイメージです。』


ジャーラネーティをやって、ある程度通してから、
ひものネーティーをして、
最後にまたジャーラネーティーで出てきた粘液をすべて
洗い流すことをオススメします。


このクリアヨガは、喉から上の障害を取り除き、
浄化強化するといわれています。

b0023052_22265570.jpg


クリアヨガは、少し前の、世界ウルルン滞在記で、
山本太郎さんがインドに行かれた時に、ヨガの大学の先生から
直接指導をされながら、実践されていました。
とっても楽しそうに実習されているので、もしビデオご覧になりたい方は、ご連絡くださいませ。

かりんちゃんやゆかちゃんも、浄化法がとっても上手です。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-03-16 09:56 | 自然派。

東洋医学

b0023052_965747.jpg
昨日、東洋医学と食品、気功などに詳しい専門家が来たので、
身体の歪みや血管障害、温める方法などを伺ってみました。

忘れないうちにメモ。

一度骨折などで気の流れが断絶している部分に関しては、気が流れるように促す。
足首から指先にかけて、一本一本手でその筋をなぞる。

頭を膝につけるアーサナは、座骨の両側に均等に重心があるようにして、伸ばした方の足のつま先はまっすぐに立てる。
この状態で手が足の指先に届く状態が、本来の自分自身の柔らかさ。
これによって、骨盤の歪みを微修正することが可能になる。


食事を作っている合間、仕事の少しの合間に、まほの姿勢をするこ
とによって、同じ姿勢で固まって流れなくなった気を全身に行き渡らせ、温める効果がある。


冷たい床に座らない、など、普段から冷やさないように意識すること。


丸まっていると、体温は保持され、真っ直ぐだと脱力できない人も、脱力が可能になる。


ゆるは、別の視点から見た同じ効果を現しているけれど、
ヨガに熟達していればゆるはやらなくて済む。
逆に、アーサナに熟達していなければ、ゆるにも熟達できない。


耳掃除をし過ぎるのは、耳から上にかけてのナーディーを通すクリアヨガ的な効果があるためかもしれない。


骨盤の歪みを修整するのはとても難しいことなので、
まず、肩関節から入った方がいい。
総合的に身体の歪みをとるには、肩を柔らかくすること。
柔らかくなりすぎると、変な癖がついた時に、逆にゆがみやすくなったりもするので、すきのアーサナでバランスをとる。
足を上げた時に、床についた両足先が、左右均等にあたまの後ろにきていることがポイント。


アーサナは、前屈・ねじり・反りの3つをバランスよく行うことが前提。
よく、開脚だけを練習して、逆に負担がかかったりする人がいるので、要注意。


足湯は効果的。様々な症状に効果がある。



気の滞りがなくなり、ナーディーが通る時の痛みは耐えても、
ナーディーの流れが阻害されること、あるいは、身体を壊すことを耐えないようにする。
それは、心身の進化と、他のためになるために必要なものだから。


など、とても参考になりました。



そして、昨日は小さい頃からお世話になっていた、トップダンサーでもあり、瞑想家でもある先達とお話させていただきました。
本当にいつお会いしても励まされ、安心感のある、尊敬に値するお方です。

帰り際には、少し前までお世話になっていた、楚々とした美しさと優しさ、強さを兼ね備えた寂静の瞑想家にもお会いできて、とても嬉しかったです。

本当に、目指すべき先を行く方々で、憧れの存在です。


やっぱり剣って、誰が持っても似合う。


b0023052_974458.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2006-02-13 08:22 | 自然派。

こころのともしび。

b0023052_19183450.jpg

日記を拝見して、お知らせを見つけたキャンドルナイト。
ヨガクラスの生徒さんがお知らせくださったとのことでした。
明かりを消しているはずなのに、心が明るくなるのが不思議です。
何人かのお友達に教えてあげたら、4人くらいのお友達が、電気ではなく、ロウソクを灯して過ごしたようです。2名、お写真を送ってくださいました。
東京タワーも電気をおとすのですね。




b0023052_1920072.jpg



炎を見ていると落ち着くよね、という意見や、電子ちゃんも大喜びだね、という方、
物の大切さがわかるという意見などみんないろいろなことを思ったようでした。
また、そうしたいけれど、ろうそくを持っていない、という方も。

身近に、普段からキャンドルナイト的生活をしているお友達がいますが、
節電、とか、環境のこととか考えることもできるし、
また、古くから、神々に灯明やお花やお香を捧げることが、ヨーガではとっても大切なことであるとされていることも思い起こします。


b0023052_19202974.jpg
夜空を見ていて、遠くの方まで繋がっているみたい、というお友達がいましたが、
多くの人が、同じ時に、同じ試みをする、ということは、集合無意識にも繋がっていくような気がします。

ともしびを通して、そのすべてが繋がっている意識や、争いのない世界への体現を、たくさんの人が果たせたらと心から思いました。





b0023052_19314294.jpg





追記
ロウソク立てがないと、コップで試したり、缶のフタにしたり、試行錯誤です。
 

官公庁では、タイを外した出勤が呼びかけられ、オフィスでの冷房を使わない方針がとられ始めているらしいですね。
[PR]
by ami-cosmo | 2005-06-22 19:04 | 自然派。

明かり。

b0023052_18275752.jpg
次のようなイベントがあるようです。

2005年。
6月21日。
夏至。
キャンドルナイト
古代のこと、地球のこと、いろいろな観点から、それぞれの人が、考えているのでしょうね。
東洋では、炎を見つめることで、わたしたちに内在している火のエレメントを強める働きがあると聞いたことがあります。

瞑想家たちは、電気的な明かりではなく、内的な光によって、どんな場所でも、まぶしい空間の中にいたのかな、と想いを馳せたりしました。
[PR]
by ami-cosmo | 2005-06-21 16:13 | 自然派。