ブログトップ

<   2005年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

水不足?

昨日の夕方、埼玉県では突然激しい雨が降って、雷が鳴っていました。昨日はいろんなところから暑いですね、という言葉を聞いた気がしますが、気温はすでに35℃だったのですね。 
各地で(特に西日本)雨が降らず、水不足の傾向にあると聞きます。
中でも九州の方はまったく降っていなくて、ダムがひび割れして干からびているとか。
水不足になると、節水で、水道のバルブにも影響が出るのかとか、水が必要な医療がどうなるのか、といった声も。

最近、環境に関わるお友達が、雨が降らないことを気にかけているようで、そういう日記は拝見していましたが、思い返してみると、岐阜にいた頃も、雨があまり降らないためか、いつも大量の水が流れている川の水量がずいぶんと少なかったり、
滝であるはずの場所が、滝でなくなっているのを見かけたことがありました。当時からすでに雨が降らない傾向にあったのかもしれません。

水不足というと、数年前、夢を研究する博士に紹介された、96年頃の日本の映画、水の中の八月を思い出します。

夏の博多が舞台で、人々が祈りを忘れたことで、水不足が起こり、石化病が流行るというストーリー。自然とシンクロする水泳をする少女がいて、大会で、無理に集められたプールの水に飛び込んだとき、それがまるで石のように感じられ、臨死体験をして、それから神秘的な能力が備わって、水不足の原因などがわかって、最後、インド神話や占星学での方向性にそう形で、儀式的なものによって、生命と引き替えに、雨が降り、干ばつが終わる、みたいな内容。
小嶺麗奈さんという方が演じていたと記憶しています。
ひとつの作品ですが、紹介していただいた時は、世の流れと、天変地異などの関係性を描写している内容なのだな、という印象を持ちました。

A先生によれば、スマトラ沖地震も、宇宙での大きな爆発が関係しているとのこと。一秒に太陽の十億光年分?(詳しく覚えていないですが)のエネルギーだとか。
その規模が若干変わっただけで、スマトラだけではなかったかもしれないというお話でした。

チベットでは、神々に捧げるお水や灯明に関して、次のような意味合いがあるのだそうです。

「水は、心が乾いていて暖かさがないから、心をぬらして慈悲を起こす。灯明は暗闇をなくす。この二つは、菩提心と智慧を考えるためにある」

夏至には、各地でキャンドルナイトが呼びかけられていたり、世田谷区では、川原の地下水を止めない署名運動が行われていましたが、水に対する、心を内側に向けた、またべつの角度からの視点を人々が持つことで、環境も変わってくるのかもしれないな、と思ったりしました。
 
b0023052_1483258.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2005-06-29 01:39 | 地球環境。

経過。

大昔からある場所を見た時、何年も何年も前があって、今があるんだな、という経過を感じます。
b0023052_23554345.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2005-06-25 22:43 | 近況・日常

第三の心臓。

b0023052_23502979.jpg



歩く、というトレーニングも効果的、というお話を最近伺って。
確かに1時間歩くだけでも、心身が軽快になったりしますね。







b0023052_23505487.jpg




わたしたちのふくらはぎは、第三の心臓とも呼ばれていて、そのポンプアップ作用が、血流を浄化するのだというお話を、以前何度となく聞いたような記憶があります。
[PR]
by ami-cosmo | 2005-06-25 22:42 | 近況・日常

ミュージックバトン。

R17さん?から渡ってきたバトン。


★Total volume of music on my computer
(今パソコンに入ってる音楽ファイルの容量)
・わからないですねー。共用だし。ほとんど入っていません。PC立ち上がった時の音(webサウンド?)くらいでしょうか。

★Song playing right now(今聴いている曲)
・最近曲を聴いていないですね、あまり。

★The last CD I bought(最後に買ったCD)
・うーん、何年前でしょうか。小学校の頃、福袋に入っていたオルゴール調のにアレンジされたヒーリングミュージックかな。

★Five songs I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聴く曲、または自分にとって特に思い入れのある5曲)

・G線上のアリア
・Tubasa
・風の通り道
・あの夏
・目覚めよと呼ぶ声あり

一般的に知られている曲ではこれくらいでしょうか。
あとは、お友達が作った曲とか、公に知られていない曲ならばたくさんあります。

★Five people to whom I'm passing the baton
(5人にこのバトンを送る)

とりあえず、マイミク登録の方
豊さん、シャーンティさん、tomopiさん、juju、ジョンスさん。
他、相互リンクしている方で、ご覧になった方に託します。
いつ、どこで始まったのだろう。。。。

バトン、というと、リレーを連想しますね。
幼い頃は走るのが好きでしたから、運動会でよくかかる行進曲みたいな曲も、思い入れがあるといえばあったかもしれません。
[PR]
by ami-cosmo | 2005-06-24 16:45 | バトン

心の豊かさ。

お友達からのご連絡。たまに、というか、大学生活で初めて平日に行って、その時にお友達に手作りのストラップをあげて、かなり喜ばれたのだそう。人に喜ばれるのは嬉しいですね、というお話。
そうですね、きっと、手作り、というのも伝わったのかもしれません。
この方、普段から面倒見良く、明日はお友達のパソコンを直しに出かけるとか。まるでパソコンのレスキュー隊員のようです。

わたしも以前、今までやってみたことのないようなパソコン操作での仕事の依頼があった時、遠く離れた場所にいながらでも1から細かく説明していただいて、その仕事をこなすことができて、とっても助かったことがありました。

きっと、感謝している人は多いのではないかな、と思います。

始め、あまり知らなかった時は、わたしもかりんちゃんも、どんなことを考えているのか、全然わからなかったのですが、
表現はあまり得意でなくても、実は内側にとっても素晴らしい要素を秘めていたのでした。

本人曰く、どちらかというと、何かできない人を助けるのが趣味というか、将来ITに進まなくても福祉関係の仕事もいいかなと考えているとのこと。

話を聞いていると、小さな頃から虫を殺したりすることもなく、生き物を大切にしてきたとのこと。
体もやわらかかったりします。

他を思うこまやかな心づかいが、刺繍やビーズなどの器用さに通じているのかな、と思ったりしました。

お友達が喜んでくれて嬉しい、という気持ちが、とっても伝わってきたご連絡でした。
[PR]
by ami-cosmo | 2005-06-24 01:52 | 近況・日常

薄紫色のハーブ。

b0023052_19361289.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2005-06-22 19:05 | 植物たち

こころのともしび。

b0023052_19183450.jpg

日記を拝見して、お知らせを見つけたキャンドルナイト。
ヨガクラスの生徒さんがお知らせくださったとのことでした。
明かりを消しているはずなのに、心が明るくなるのが不思議です。
何人かのお友達に教えてあげたら、4人くらいのお友達が、電気ではなく、ロウソクを灯して過ごしたようです。2名、お写真を送ってくださいました。
東京タワーも電気をおとすのですね。




b0023052_1920072.jpg



炎を見ていると落ち着くよね、という意見や、電子ちゃんも大喜びだね、という方、
物の大切さがわかるという意見などみんないろいろなことを思ったようでした。
また、そうしたいけれど、ろうそくを持っていない、という方も。

身近に、普段からキャンドルナイト的生活をしているお友達がいますが、
節電、とか、環境のこととか考えることもできるし、
また、古くから、神々に灯明やお花やお香を捧げることが、ヨーガではとっても大切なことであるとされていることも思い起こします。


b0023052_19202974.jpg
夜空を見ていて、遠くの方まで繋がっているみたい、というお友達がいましたが、
多くの人が、同じ時に、同じ試みをする、ということは、集合無意識にも繋がっていくような気がします。

ともしびを通して、そのすべてが繋がっている意識や、争いのない世界への体現を、たくさんの人が果たせたらと心から思いました。





b0023052_19314294.jpg





追記
ロウソク立てがないと、コップで試したり、缶のフタにしたり、試行錯誤です。
 

官公庁では、タイを外した出勤が呼びかけられ、オフィスでの冷房を使わない方針がとられ始めているらしいですね。
[PR]
by ami-cosmo | 2005-06-22 19:04 | 自然派。

明かり。

b0023052_18275752.jpg
次のようなイベントがあるようです。

2005年。
6月21日。
夏至。
キャンドルナイト
古代のこと、地球のこと、いろいろな観点から、それぞれの人が、考えているのでしょうね。
東洋では、炎を見つめることで、わたしたちに内在している火のエレメントを強める働きがあると聞いたことがあります。

瞑想家たちは、電気的な明かりではなく、内的な光によって、どんな場所でも、まぶしい空間の中にいたのかな、と想いを馳せたりしました。
[PR]
by ami-cosmo | 2005-06-21 16:13 | 自然派。

赤いお花畑。

b0023052_18235127.jpg


法律?に纏わるお友達が、友人に、以前のお花の写真を送ってくださったとのこと。。
コスモスのことかな。 ささやかながら、お手伝いができていたら、嬉しく思います。

赤い花は、太陽の光の強い日に撮ったもの。細部まで写っていなかったりします。
[PR]
by ami-cosmo | 2005-06-21 16:12 | 植物たち

蓮池。


b0023052_1471321.jpg


b0023052_1473294.jpg


b0023052_1465477.jpg


会話の中で気づくこと。
「どんなにごちゃごちゃしている、とその時は思う時期も、後から思い出すと、
頑張っていたとか、楽しかった、と思えることもあるということ。」

受け止めることで、いつか変化するし、進化すること。
[PR]
by ami-cosmo | 2005-06-21 01:53 | 植物たち