ブログトップ

<   2006年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

10/31(火)夢日記


b0023052_20571449.jpg

どこかに出かけている。
お店をまわる。主に食べ物屋さん。
飲食店の調査のよう。

真の女神であり、
御姫様である姉妹に呼ばれる。

ご姉妹のお部屋に伺うと、
テーブルを前に、椅子に座って、
4つの項目を静かにアドバイスしてくださる。

・びくびくすることは、動物的要素。
 だから、どうどうとしていた方が良い。

・慈愛といっても、その本当の意味は、
 とても難しい。

・慈悲喜捨は、単に実践すればいいという
 ものでもない。

・他を称賛する心がもっと必用。

b0023052_20573684.jpg今のわたしと照らし合わせながら、
アドバイスを頂く。
「忘れそうなので、メモしていいですか?」
と言って、メモ帳を取り出して、メモする。

称賛は、意識してしていたように思ったけれど、
きっとまだまだ足りないということなんだな、
と考える。




部屋に戻ると、出かけているはずの同室のお姉様が
戻られていて、お掃除されている。
部屋の壁がなくなって、机だけで区切られている。

連絡が来て、大変尊敬する女神であり、
神の妃である方が、お菓子を欲しがっていらっしゃるとのこと。

みんなで準備しに行く。
住んでいる場所が、今の建物と違うもよう。
階段をおりて、玄関で外用のスリッパを履き、
離れにあるお菓子の置いてある場所に行く。
みんなで箱詰めする。

b0023052_2058976.jpgマカロニが入ったような、不思議なパン。
そういえば、もちもちしたのはやめてほしいって
言われていたよねーと言いながら、詰めている。

hikaruちゃんが来ていて、外で待っている。
中にいる人が出てこないので、一緒に話している。

ふと覗くと、作業はもう終わっていて、
お姉様方はお手伝いの方とピアノを弾いて、
談話されている。

車が来るのを待つため、外で待機。
夜なのか、あたりは真っ暗。
多分冬で、みんなわりと暖かい服装をしている。

拳法好きのお姉様が、執事を蹴る動作をしている。
と思ったら、蹴りが執事の方の鼻に命中。

わたしとお手伝いの女性も、拳法の動きを真似しながら
待つ。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-10-31 20:58 | 夢見。

実りの秋。

b0023052_23411276.jpg

b0023052_23412373.jpg
配送し忘れた煮物材料を駅まで届けるついでに、
渡すまでの時間、裏庭や近くを歩きました。

裏庭に咲いていたお花、線路沿いのお花、駅前の柿の木。
秋には秋のお花が咲くのですね。

柿の木は、先日見た時もひとつ地面に転げてつぶれていたくらい、
良くうれて色づいています。

夜に通りかかると、絵本に出てくる木の実みたいに、
まんまるな柿が色とりどりに目立っています。

b0023052_2342182.jpg
お庭の実を収穫する時に、鳥さんのために、わざと木の上の実は
採らなかったりすると最近聞いたのですが、
今は鳥や虫たちにとって、いろんな恵みのある季節なのですね。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-10-30 18:00 | 植物たち

アルフォンス・ミュシャ展

b0023052_20394996.jpg
プチ心の旅の帰り、電車の中で、
ミュシャ展にてカレンダーが配布されると知って、
プレゼント用にしようと思い、
花のスタンプラリーを押した後、
アルフォンスミュシャ展へ。

エルタワー30階に着き、中に入ると、
思ったより広い会場。
受付で頂いたカレンダーは、
思ったよりも立派なカレンダーでした。

中央にはいくつものテーブルと、椅子が並んでいて、
たくさんの人がお話しています。

b0023052_2040375.jpg
もしかして企業向け?と思ったものの、
きっと、絵の購入の説明を受けている人達なのだな、
と思いました。

あと5分で受付が閉まる、という時間に着いたので、
早足で見ていると、綺麗なお姉さんに話しかけられました。
「あまりにも早く歩いていらっしゃったので。」と。
受付は閉まっても、会場にはいられるとのことでした。

お姉様から作品のご案内。
今回の展示は、お孫さんによる復刻で、
他の会社では扱っていない物とのことでした。

「絵を飾ったりされそうですね。」とおっしゃっていましたが、
どう頑張っても買える値段ではなかったので、
ある意味安心して展示を見ていました。
お姉様は、最後の作品を見終わるまでずっと説明しながら
歩かれていました。

以前叔父が、日本画を買って借金したことがあって、
女性に勧められたとのことでしたが、
もしかして、こういうシチュエーションだったのかな、
とちょっと実感しました。

b0023052_2040588.jpg
ただ今回の展示は、街で突然声をかけて強引に連れて行く、
というタイプとはまったく違って、
企業向けかと思うほど品の良い展覧会でした。
きっと絵を購入するために出向かれる方も多いのでしょうね。

上野美術館で見た時も思いましたが、
ミュシャはすごく繊細で、女性のような感性を持った画家だな
と改めて思いました。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-10-29 23:00 | Art

少しだけ


b0023052_14325153.jpg
土曜日の午後から日曜日にかけて、
今月の課題達成のため、
ぷち心の旅に出ます。

日曜日中に戻る予定です*
[PR]
by ami-cosmo | 2006-10-28 14:32 | 心の旅。

あなたへのメッセージ。


b0023052_157160.jpg
アベル☆さんの日記で紹介されていた、
を開いてみました。
あなたへのメッセージ

テーマがある人は、テーマに集中して開いてみてくださいとのことだったので、すべての人が、真の意味で幸せになるための、
深淵で壮大な天の計画が成功しますようにと祈りつつ、
ひいてみました。

出てきたメッセージです。

***

あなたへのメッセージ

2006年10月27日
No.3:

自然に甘えなさい。 
大地に寝ころんだり、樹に登ったり、海の水とたわむれたり、
鳥と唄ったり、動物や植物とお話したり・・・。
あなたが大きな贈り物を受け取る方法です。

***

大地に寝ころんだり、海の水とたわむれたり、
鳥と唄ったり、動物や植物とお話したり・・・。

まさにそのままのことを、いつもやっているのでびっくり。
あえてしていないことといえば、木登りでしょうか。
登る技術があれば、登ってみたいところであります。

自然に甘えっぱなしかもしれないけれど、
自然は大好きだし、自然と共にあると、元気が出ます。
b0023052_158077.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2006-10-27 00:01 | 占い、分析

10/24,10/25,10/26 夢日記


b0023052_213483.jpg
夢日記

10/26

近くの商店街で、庭用の砂利や園芸用品を、
ただで配るというお知らせを聞く。

勉強をする予定だったので、夕方まで勉強をしていると、
お姉様が帰ってこられる。

冬のお洋服を、これでいいかなと言いながら、
貸してくださる。

砂利のことをお伝えすると、
それはとりにいかないと、と言われる。


***


10/25

東京。
輪になってミーティング。
S氏の横に、P氏。
かりんちゃんもいて、今回は人数が多い。
その中に、小・中学校の同級生、yumieちゃんがいる。
あれ、yumieちゃん、ここにいたんだ、と思っている。
P氏が呼吸法の話しをしていて、
それを真剣に聞いている。

その後、かりんちゃんたちと、
何かの宴に案内されている。
どこかのお店。
ウエイターが、お菓子を売りに来る。
40円とのことで、みんな買うことにする。
わたしが、間違えてお金を少し多く渡してしまうと、
天然だと思われたらしく、軽く何かで額を叩かれたあと、
「そういう方にはこれを差し上げます。」と言われて、
手のひらくらいの大きさの、長方形の金の塊を頂く


***


10/24

時計。
夕方6時かと思うと、明るくて、
朝の9時。

電車の中で、メールを見ている。
ビールっ腹さんから何かを聞かれている。
母上が、どんなことを聞かれたか尋ねてくる。

mameさんと道を歩いている。
近くを、知り合いの女の子二人が通りかかる(現実では知らない)
一人は若い今時の女子大生で、もう一人は、OL風の女性。
OL風の女の子が、女子大生をとても気に入っているみたいで、
一緒に歩いている。

その後電車に乗ると、その知り合いの女子大生が乗っているので、
話しかけてみる。
帰り道一緒に帰る。
女の子達は、どこかに出かけたいらしい。

そう言えば家の近くに、無料で入れる温水プールのある
テーマパークがあったことを思い出す(現実では知らない)

東京に行く。
以前いた東京とは、建物の内装が少し違う。
長い廊下があって、各部屋に別れている。
奥が、会場などになる、大きな部屋。
手前は事務所。
事務所は真っ白い長いデスクが並んでいて、
座る人が決まっている。
奥はS氏とM氏の様子。
手前にかりんちゃんが居て、いろいろ案内してくれる。
その横にNちゃんがいる。
「あなたはその後どうなった?」と聞かれたので、
平穏無事に過ごしてきたことを伝えると、
「あらー、良かったわねー。」といわれる。
どうもそこでお手伝いしている様子。
わたしも何かお手伝いする模様。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-10-26 23:57 | 夢見。

偶然の再会。

b0023052_1430295.jpg

かりんちゃんと一緒に、
聖者のお話を伺う予定があったので、
作業後電車に乗って出かけました。

区間準急から各駅に止まる電車に乗り、
駅に着いたので降りると、
窓から見覚えのあるお姿が。

にてる人?と思って、もう一度見ると、
やっぱり若き物理博士。
降りた電車にまた乗って、
端の席で眠っているところに、
声をかけました。

かなり驚かれた様子でしたが、
起きてくださいました。

ちょうど最近連絡をとっていなくて、
どうしているかなと思っていたのですが、
偶然にも、電車に乗っているところをお目にかかるとは、
わたしもかなり驚きました。

最近の様子と、11月の予定をお聞きして、
一駅分乗った後、
また一駅引き返しました。
お聞きした予定を、共通のお友達にご連絡。
まだ物理博士からのお返事はないですが、
また会合が開けたら良いなと思います。

b0023052_1535199.jpg
かりんちゃんとお会いして、
依頼した書籍を受け取り、
お土産をお渡ししました。
喜んでくれて良かった。

その後、聖者の元へ。
呼吸法についての細かいアドバイスを頂きました。
かりんちゃんも、感動されたご様子。

お話がおわってから、二人で木のベンチに座って、
jujuと会う予定を決めました。


かりんちゃんは、いろんな女の子の相談に乗ってあげて、
また、ヨガのインストラクターもこなされ、
本当に素晴らしいなと思います。

深い優しさと強さ、そしてとびきりの明るさを併せ持った
現代のセラピストかりんちゃんを、
これからも応援したいなと思ったのでした。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-10-26 23:51 | 近況・日常

おひさまの恩恵。


前日からの雨も、なかったかのような晴天。
雲一つない秋晴れでした。

歩かないのは損だね!とおっしゃるお姉様に同感でしたが、
わたしは、まだお菓子を焼く前だったので、
日中の予定のお勉強を夜にして、
お姉様が歩きに行かれた後、
お天気にしかできないこと、と思って、
お布団類をすべて干しました。
(干したと言っても、お家の中ですけれどね。)
春にしまい込んでいた毛布も出して、
お日様の光に当てました。

配送のお手伝いに来てくださる方々のエプロンも
天日干し。

せっかく晴れたのだから、と思って、
遮光カーテンとレースのカーテンもお洗濯。
わたしの住んでいる場所は、
目の前に大きな道路があるため、
真っ白なレースのカーテンもすぐに黒ずんでしまうのですが、
お洗濯をしたら、朝のおひさまの光が、
心なしか明るく感じられるようになりました。

お洗濯の後、画像も少し整理して、
夜は少しだけ算数のお勉強をして、
答え合わせ。
その後いつものように瞑想をして、過ごしました。

晴れの日は、晴れの日にしかできない恩恵がありますね。
おひさま、この日も一日ありがとう。
b0023052_1504299.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2006-10-25 23:58 | 感謝。

名栗湖と山登り。


b0023052_23192211.jpg
今日は少し規模の大きいウォーキング大会に参加して来ました。
歩いたのは、名栗湖周辺と、その付近にある山。

夜中の3時過ぎに横になったと思ったら、
朝の6時近くに同室のお姉様が来られて、
「あと15分くらいで準備できる?」とのこと。

眠いーと思いつつも、必用なものを鞄に詰めて、
車に乗り込みました。

着くともうみんな集まっていて、そこで道の説明、
そして出発地点まで移動。

名栗湖は、山に囲まれた大きな湖で、
真っ直ぐ前を見ると、視界に霧のような雲が浮かんでいて、
とても神秘的で、美しい光景でした。

湖の周りの道は、わりと平坦で歩きやすかったです。
b0023052_23195079.jpg
少し歩くと、山道に突入。
ここから本格的な山登りです。
ひたすら登り続けて、しばらく経って、
登りが終わったかと思うと今度はアップダウンの繰り返し。

山の上の方まで行くと、
キュワァァァァァァァァァ~! という何かの鳴き声が
聞こえました。

最後まで何かわからなかったのですが、
クマか、シカか、何かでしょうか。
すごく響き渡っていて、
大きめの動物のようなイメージが残りました。

b0023052_2325396.jpg
上に行けば行くほど、空気がとても綺麗で、
お日様も照ってきました。

同じお家に住んでいる、別のお部屋のお姉様と、
「この空気、瓶詰めにして持って帰りたいね~。」
などとお話していました。

一つ目の山を降りて、少し平坦な道を歩いた後、
ふた山目に突入。
こちらはずっと上り坂で、途中からもう会話もせず、
無心になって歩くしかありませんでした。

足が痛いとか、ちょっと休もうとか、
そういうことを考える余裕はありません。

b0023052_2326194.jpg
竹寺というお寺を通り過ぎて、
バス停という矢印の方向に、更に山登り。
この木でできた矢印、4回くらいみましたが、
矢印があるからといって、すぐバス停があるのではなく、
ものすごい距離がありました。
すかもすべて山道です。

上り坂がおわったーー。と思ったのもつかの間、
なんと下りの道は、ものすごい木の幹や砂利にまみれた道で
滑りやすく、急な坂だったのでした。
上り坂で酷使してきた足は、すでにガクガクになっています。

気がつくと黙々と歩いていたためか、まわりに誰もいず、
一人で歩いていたのですが、他の人はこの道大丈夫だったのだろうか、と心配になるような道でした。

一歩踏み出すごとに震えている足を一生懸命動かして、
もう何も考えず、ひたすら歩くしかありません。
歩くしかない、というよりも、止まることができません。
例えるなら、自分が自動一輪車に乗ったかのような感覚です。
止まったら転ぶ、よそ見をしたら命取り。
アキレス腱が明らかにおかしかったですが、
ひたすら歩き続けました。
この辺から、景色を見る余裕が一切ありませんでした。

山のしたの方から、人の声が聞こえてきて、
ゴールが近いのがわかりました。
近いと行っても、山道なので、くねりくねり歩いていて、
なかなか着きません。

やっと歩道に出て、ゴールに向かって歩きました。
到着して、ベンチに座って足をほぐします。
近くにいたお兄様は、木に登ってコアラのように
お休みになられていました。
ここぞとばかりに、その様子をカメラに納める人々。

少しヨガのポーズなどをして足をほぐした後、
川原の方に行って、ライオンの顔を持つ女神様が吹いてくださる
笛の音色に合わせて、歌を歌いました。

だいたいみんな帰ってきて、hiroeさんの作ってくださった、
ご飯タイム。
今日はご本人にもお伝えしましたが、
hiroeさんのカレーは魔法がかかっているのではないかと
思ってしまうほど、おいしいのでした。
きっと心がこもっているのでしょうね。
ご本人は、「山で食べるからおいしいんだよ~。」
とのことでしたが。。。

最後の一人が、道に迷ったけれどなんとか帰ってきて、
みんな集まって解散のご挨拶。

b0023052_23271025.jpg
今日のために動いてくださった係の方は、
3回以上下見をしに来られているとのことで、
しかも激しいコースと、通常のコースと、
両方歩いて念入りに地図を作られたとお聞きして、
本当に素晴らしいなと思いました。

それなのに、違う方向に行ってしまう、
参加者もいますねとご挨拶の進行の方。

みんな素敵な笑顔で笑っていました。
明日からお仕事ですが、
この筋肉痛と闘いながら、みなさん頑張るのですね。

帰り、お姉様方はいつもの踊りのレッスンをされるので、
目的地まで直行。
わたしはそのまま帰ろうと思っていたのですが、
踊らなくていいから、
今日はヨガでほぐした方がいいとのことで、
ご一緒させて頂きました。

わたしとお姉様方3人で始まるレッスン。
ヨガの呼吸法とポーズ。
その後、曲に合わせて、バレエ風な、ダンス前のストレッチ。
途中から1人参加して、すぐに帰られました。

レッスンが終わり、
暖かいお湯を3人で飲んでいると、そこにtetuちゃんが。
お菓子とお湯を差し上げると、非常に喜んでくださいました。

今日は計7時間~8時間程のトレーニング。
綺麗な森の空気とヨガでリフレッシュして、
また明日から頑張れたら良いなと思います。
b0023052_23201368.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2006-10-22 23:12 | ウォーキングDay

客観視。


b0023052_2314295.jpg
昨日は、お菓子作りと配送の準備、
お皿洗いとお掃除すべてを終えて、夕方、
お家の別のお部屋に住むお姉様の従姉妹である、
sachiちゃんに会いに吉祥寺に行ってきました。

本当は、3時に待ち合わせして、
バスに乗って神代植物公園に行く予定でしが、
sachiちゃんが1時間近く遅れるとの連絡が入ったので、
井の頭公園を歩くことにしました。

sachiちゃんはそれまで池袋を妹の進路のために、
たくさん歩いた後とのことなので、一周だけ。

大道芸をして、火を口の中に入れる人や、
木と弦でできた、凄く良い音の出る楽器を奏でている人や、
週末の井の頭公園は、たくさんの人が溢れていました。

人はたくさんいるけれど、のんびりした雰囲気のある公園。

端の方まで歩いて、ベンチに座ってお話。
最近のこと、メンタル面のこと、お仕事のこと、
妹のこと、など、いろんなお話をしました。

頑張りすぎて、会社を休むようにいわれた時期があったけど、
同じような境遇の人の日記を読んでいたら、
一気に心がチェンジしたとのこと。
そうやって、客観視して、心が変化するのはすごいなと
思いました。

詩人である聖者からお渡しくださいと依頼された、
マンダラ塗り絵を渡すと、
sachiちゃんは嬉しそうに、塗ってみるとのことでした。
もともとパソコンのお仕事をしているので、
パソコンを使って塗る予定とのこと。

b0023052_232435.jpg
途中、お姉さまとわたしは、
鉄棒をしたり、ブランコをしたり。
sachiちゃんがものすごく肩が凝るとのことだったので、
お姉様に、肩に効く運動を教えて頂きました。
呼吸を使って、同じ動作を8回ずつ行ういくつかの動き。
1回だけで、とても楽になった、とsachiちゃん。



みんな寒くなってきたとのことだったので、
少し歩いてお店に移動。
ひとりは抹茶を、もうひとりはピーチティーを、
わたしは何もオーダーせず、そのままお話。

中学時代のことや、妹の学校の先生のこと、
最近の学校教師によるいじめについて、
北朝鮮の話題、など。

お店も寒いとのことで、出ると、
あっというまに夜8時になっていました。

今度は今日行く予定だった、バラ園に行こう、
と言って、帰りました。

いつもにも増して落ち着いていて、元気なsachiちゃん。

sachiちゃんは、主星が水星であることが手伝ってか、
とても分析的で、論理的。
何でも、どうしてそうなるのか、ということを追求して
理解する女の子。
例えそれが自分のことであっても、
常に分析的に客観視できる要素は素晴らしいと思いました。

次に会う時も、有意義なお話がたくさんできると良いな
と思います。
[PR]
by ami-cosmo | 2006-10-22 08:02 | 近況・日常