ブログトップ

<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

あるファンタジー物語

b0023052_415538.jpg

親愛なる妖精さんからお便りがあって、
素晴らしいお話を紹介して頂いたので、
こちらでもお届けさせて頂こうと思います。


セバスチャンという男の子がいました。
ある本を開けると
その本の世界に入って行ってしまうお話です。

セバスチャンはその本の世界に行って
お姫様が捕われていたのでお姫様を助けに行きました。
それを知った本の世界の魔女はセバスチャンが来たことを
煩わしく思いある企てをしました。
それはセバスチャンがこの世界(本の世界)
に来た目的(お姫様を助ける)を忘れさせよう…
というものでした。
そして魔女はセバスチャンに近付き
優しくし何でも願いごとを叶えてあげました。
実はその願いごとをセバスチャンが言えば
セバスチャンが人間の世界で大切にしていた
お父さんとの思い出やお母さんとの思い出…
友達との思い出というものと交換され
忘れていくというものです。

その本の世界ではセバスチャンは
一人の男の子の親友がいました。
その親友の男の子がセバスチャンに忠告しました
『君はあの人に騙されているんだ君が願いごとを言ったら
君が今まで大切にしてきた思い出と交換になっているんだ!』とセバスチャンは『そんなことはない!あの人はいい人だ』
とそう言ってその親友を崖に突き落としてしまいました。

願いごとが叶えられるのは百個前後だったと思います。
そして願いごとを叶えられる玉がラスト1個になった時
魔女はその本性を現しこのように言いました。
『セバスチャンこの最後の願いごとでお前は元いた
世界に帰れるよう願うがいい!!あはははは!!』
この時セバスチャンには最低3つの願いごとがありました。
ひとつはお姫さまを助け出すこと。
二つ目は親友を助け出すこと。
3つ目は自分の元いた世界に帰ること…です。
そしてセバスチャンはラストひとつの願いごとを叫びました。
さぁ!なんと言ったと思いますか!!


セバスチャンはすかさず魔女にこう叫びました。
『あなたの心に愛を!!』と…。
願いごとは確実に叶えられますから…
その瞬間に魔女の心に愛が宿り魔女の目から
涙がこぼれ落ちました。
それによって魔女が作り出していた幻惑の世界が崩れ去り
真実の世界が現れました。
それによって親友も助けられ
お姫さまも助けられ
セバスチャンも元の世界に戻れた…というお話でした。

私は意外でした。
そして思いもよらないセバスチャンの叫びに心が震えました。本来ならば自分を騙していた相手でありにくむべき対象です。親友との仲を仲違いさせ自分を窮地に追いやった対象に
『あなたの心に愛を!!』なんて本来叫べません。。。
愛のみが一元の世界なんでしょうね。全てが肯定の世界…。



とっても素晴らしいお話ですね。
妖精さんは、私達に本当に愛の心が宿ったら
今までの世界が砂ぼこりのように消えて
真実の世界が現れるのかもしれないな…
と思ったのだそうです。

また、幻影にまつわるお話で、インド神話の、
ヴィシュヌ神のお話も引用してくださいました。


ウ゛ィシュヌの幻影のからくりのお話がありましたが…
良く修行をしていた弟子の前にウ゛ィシュヌ神が現れ…
『お前の願いごとを叶えてあげよう』と言われ弟子が
『それでは御身のマーヤの世界を私に見せて下さい』
と懇願しウ゛ィシュヌは
『それはお前に理解することはできないその奥の深さはシウ゛ァですらわからない』と…
でも弟子は懇願しつづけ
『ならばその池に飛込むがいい』と言われ
その弟子は飛込みます。
それによって色々な経験を味わい苦しみを味わいます。
そして余りのできごとに悲嘆にくれている時に
ウ゛ィシュヌが言います
『我が頼んだ水はまだか…もう3時間待っているのだが…』
そのきき覚えのある声にその弟子は心臓が破裂する位びっく
りします…。



わたしたちは、懇願すれば、
いろんな経験をすることができますが、
それも神々の大きな愛によって見せて頂いている、
幻影のからくりなのかもしれないですね、
というお話でした。

このお話、いつ読んでも、鳥肌が立ち、ぞくっとします。
今目の前に広がっている現象も、環境も、
自分が主観的にとらえている現実、
というものが本質的なことではなくて、
もしかしたら大切な記憶を、
大切な約束を、忘れたまま過ごしていて、
それが当たり前のように生活しているのかもしれないな、
と思ったりしました。
[PR]
by ami-cosmo | 2007-02-20 08:00 | お便り

心の旅日記。

b0023052_20323761.jpg

今回の旅は期間限定のとっても貴重な旅となりました。
3時間の睡眠以外は、ずっと貴重な映像、
お話と共にある、有り難い旅でした。

初日は、一般的な、粗雑な音楽が聞こえて、
6日がハープ、フルートのような音の短いメロディ、
7日は、日本と中国の音楽を合わせたような曲調が
聞こえました。

8日、
ここに集っている人たちは、みんな素晴らしい
わたしはこの人たちをみならって、
この道について行きたい

という思いがわいてきました。

ふと眠りに入ったり、目を瞑ったりした時、
初日は人と会話している場面が多かったのですが、
だんだん、トレーニングしていたりする映像だったり、
光り輝く生命体を表す言葉だったりと、
変わっていきました。

9日は、頭部の経絡が、ミリミリと音をたてながら
通っていく感覚がありました。

微細な音や映像は、心とイメージを浄化するのだなーと
思いました。

旅の帰り、ウォーキングしました。
もう梅が咲いているのですね。
この日も晴れて暖かく、優しい春風を感じました。
b0023052_20325135.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2007-02-14 20:31 | 心の旅。

本日より


週末まで心の旅に出ます。
更新、コメント・メッセージのお返事できないですが、
ご了承くださいませ。
[PR]
by ami-cosmo | 2007-02-05 08:41 | お知らせ。

愛は花、君はその種子


聖者から送って頂いた、祈りの言葉と、
愛は花、君はその種子 の詩です。

詩は、以前お魚の妖精さんからお手紙を頂いた時、
書かれていて、読んだことがあり、
その時のことを、思い出しました。


***


「ラインホルト・ニーバーの祈り」

神よ、
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。

大木英夫:著:「終末論的考察」より : 中央公論社


***

b0023052_603177.jpg

「愛は花、君はその種子」


作詞・作曲 / AMANDA McBROOM


 やさしさを 押し流す
 愛 それは川
 魂を 切り裂く
 愛 それはナイフ
 とめどない 渇きが
 愛だと いうけれど
 愛は花 生命の花
 きみは その種子


 挫けるのを 恐れて
 躍らない きみのこころ
 醒めるのを 恐れて
 チャンス逃す きみの夢
 奪われるのが 嫌さに
 与えない こころ
 死ぬのを 恐れて
 生きることが 出来ない

 長い夜 ただひとり
 遠い道 ただひとり
 愛なんて 来やしない
 そう おもうときには
 思いだしてごらん 冬
 雪に 埋もれていても

 種子は春 おひさまの
 愛で 花ひらく          
[PR]
by ami-cosmo | 2007-02-02 08:00 | 詩。

聖者からのお便り。

b0023052_663885.jpg

最近頂いた聖者からのお便りで、
とても感銘を受けた部分を、抜粋。

とくに、病気のことなど、
お話したわけではないのですが、
心暖かい方には、伝わっていたようです。

***


年賀状ありがとう。

冬来たりならば春遠からじ。
禍患の中に幸いを見出す!あらゆることの中に進化への可能性がありますね。
色々と大変でしょうが、お耐え下さいね。
私も陰ながら応援してます。お互い一緒に頑張りましょう。
人は皆、そこに存在するだけでも救われます。
何をするでもなく、そこに「いること」にも価値があります。
今の社会は、何かを「すること」に価値を置き過ぎました。
「今ここに」あることの大切さを忘れています。
ただ一緒に話をするだけでも、手紙をやりとりするだけでも楽になります。
友とこうしているだけでも嬉しいです。
貴友が存在しているだけで幸せになる人がいるということをどうぞ忘れないで下さい。

愛する友の幸せを心より祈ります。


***************


今、ここに。 の大切さ、
わたしも忘れていたな、と思いました。
大切にしたいです。
[PR]
by ami-cosmo | 2007-02-01 20:40 | 感謝。

まとめて2週間日記。

b0023052_5371811.jpg

今回も、手帳に記していた日記を、
ほぼそのままの形でお伝えします。

***

1/16

通常の作業の後、引き継いだ仕分け作業。
ずっと仕分けしてると、だんだん無心になってくる。


1/17

意外なお方と遭遇。
ちょっとみんなでお話する。

聖者とお会いする。
神秘的な体験で、世界を体験したという人に関して、
世界といっても、この世にいる人の数と同じくらい、
世界は無数だから、とのこと。

まわりのことを考えて発言しているかとか、
そこで違ってくる。



1/18

早起きで作業。

母上とmamekoさんと、聖者の元へ。
着くとmamekoさんが、約束と違うものを持ってきて、
わたしが選んでお贈りするはずだった色を、
先取りされたことを知る。
怒ると、mamekoさんはmari姉にその様子をいいつけようとしたけれど、
間違えてわたしに連絡してくる。

聖者とお会いして、
母上が、ぼーっとして、何を質問したら良いかもわからないとお伝えすると、
「ぼーっとしちゃうときは、誰でもありますよね~。
ぼーっとした時は、後で、あ、ぼーっとしてたって、
気づけたら良いんですよね。」
と、本当に同じ目線になってお話してくださる。
他に、おじいちゃんのことなど。

おじいちゃんをみんなが受け入れてあげることが必要、
とのこと。

この日、伺った格言。

『過去と他人は変えられないけど
自分と未来は変えられる。』


1/19

通常の作業の後、お菓子千個!
作業ですでにすじにきているけれど、
さすがに1000個となると、無心状態(笑)。

片づけ終わった後、生地できていたけど、
問題は中身!

絞り出し袋は、慣れていないと、重いのねー。
段々お菓子が擬人化されてきて、
順番待ちで並んでいるみたいに見えてくる。
手がガチガチ(笑)。


1/20

モタモタで20分。
放浪だし。

sachiちゃん、突然現在のプロジェクトが終了!!
しかも次は、中国人二人の調整役!!
土日出金に関しては、抗議するとか。。。
miciちゃんには、転職をお勧めするとか。
とにかく時間がない。
京都の賢い方にも、お仕事の相談したいとか。
フラワーE持っていく。

世界遺産からのSOSは、
ユネスコ主催だけあって、
すごくメッセージ性が強い。

ほとんどが仏教遺産。
アルカイダによって壊されたバーミヤン遺跡とか、
カトマンズの大気汚染とか。

b0023052_5383784.jpg


1/21

小さい頃、お世話になっていた方から、
久々にお電話を頂く。


お世話になっていた方から、
懐かしいお話。
nさんが非常に正直であったこととか、
昔、大変な時期は、
朝6時に起きた時から、夜10時のご飯のことを考えて
その時が近づくとそわそわして、
時間が来るとダッシュしたとか、普段聞けない笑い話。

あと、大豆は枝豆からできているということを、
初めて教えて頂く。


深沢深雪さんの雑貨作りエッセイは、
母上のお友達がくださって持っていたけれど、
星の事も書いているそう。

星を見ることにはルールはない。
ただ、見上げるだけ。

オリオン座のペテルギウス、
聞こえはかっこいいけれど、
意味は、脇の下。

プレアデスは、昔の人でさえ、
星はすばる、と書いたように、とても綺麗。

プレアデスは美しい7人の姉妹の名前。

息をのむほど美しい星空に囲まれると、
星を見て思った時のことを思い出す、と思う。


お菓子がみんなに行き渡ったと思われる時間帯から、
何ともいえない幸せな気持ちになる。
その時間帯から一日中、ずっと至福間。
何でこんなに幸せなのだろう、と思うほど、
最近ではめずらしい現象。

きっと、受け取ってくださった方々が、
喜んでくださったからかな、と思うと、
本当に有り難い。


1/22


梅昆布茶は、昆布の付け汁と、梅フレークで作れる。


1/23

長いお話でおなか冷えたのか、
前日夜からおなか痛かったけれど、朝も変。
お湯など飲んで、作業始める。

油入れたら、突然異物が入るので、
入れ替え。
その時に廃油がカタンと一缶。
すべてが油まみれ。
そのお陰で、掃除でピカピカ。
お掃除中おなかが再発。
丸まっていると、治る。

朝、病院の先生にお仕事のためにお電話すると、
最初看護婦さんがつなげないとおっしゃったのに、
出てくださる。

菌についてお伺いすると、
人間はもともとばい菌だらけだから、
ちゃんと手を洗っていれば大丈夫。
普通の人と変わらないですよ。

とおっしゃってくださる。

b0023052_5375235.jpg

1/24

jujuから最近聞いたこと。

洋菓子屋さんは、お菓子の名前が全部フランス語。
覚えるのが大変だけど、夢のある仕事だから、
好きなのだそう。

あとは、夜中に見た番組で、千円札の謎、
みたいな話をしていたらしくて、そのお話。

野口さんのお顔を半分だけ見ると日本人だけど、
もう半分がユダヤ系に見える、とか、
写った山は日本じゃないとか。

あと、各路線は、その始まりにある山のエネルギーを
皇居に運んでいて、
山手線は、皇居に結界をはるようにして守って回ってるとか。

jujuはそれを聞いて、怖くなったとのことだったので、
12歳の時に研究していた、フリーメーソンの事など。


1/28

夜、机に向かっていると、
どこからともなく虫が飛んでくる。

何かすごくかわいくて、
猫みたいになでてみたら、逃げない。
かわいかったけど、
下敷きにして死んじゃうと困るので、
広いお部屋に移す。


2/1

ターメリックをひたすら煎ったことで、
カレー臭になる。

全速力でダッシュ。
電車に乗りながら頂いた封筒をはさみで切って、
裏返してのりで貼って、再び封筒を作る。
お手紙一枚と、音楽家からのお手紙、美しい絵を同封。
電車を降りて、走りながらポストへ。
聖者へ、依頼の贈り物を送る。

一息つこうと思っていると、
知的で美的な方と再会。
mari姉と3人で、会話をする。
中国拳法2種類、そのうちの一種類は、
ブルースリーが開発したもの、あと、
テコンドーもされているとか。
型にはまってるのは嫌いだから、自己流とのこと。

その後、お医者様であり、聖者である方とお会いする。
すごく根本的な着眼点。

わたしがお伝えしていないことを、
ひたすら当てる。

立ち方が、右に偏っていて、
最初左足を使おうと思ったけど、
使いづらくて、右足をつっかえ棒のように使って、
身体にゆがみが生じていること。

右股関節が開いていて、ゆがみが生じていること。

座り方は、右足から先に上げて、座ること、など。

あと、エネルギーが強いとか。

足の指の骨、骨折していることは、
お伝えしていなかったのだけど、
そういうことなんだ! とおっしゃっる。

いわなくても、どこがどうなってるか、わかるお医者様。
ゆがみを治す方法も、教えてくださるとのこと。
[PR]
by ami-cosmo | 2007-02-01 20:35 | 近況・日常