ブログトップ

<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ご相談。

b0023052_23384954.jpg

わたしの大切なお友達が、
お家の更新の関係などで、
12月末から居住できる場所と、
同居できる方を探しています。

できれば女性で、
都内からそう遠くない場所で、
使っていないお部屋がある方、
もしくは使っているけれど、使って良いという心優しい方、
家賃を節約したいという方、
いらっしゃいましたら、メッセージくださいませ。

明るくて、優しくて、お洒落で、
笑顔が本当にかわいくて、
純粋で少しさびしがり屋さんな、
とっても素敵なお友達です。

よろしくお願いします。



*追記*

とりあえず、4月頃までは住めることになったようです。
メッセージくださった皆様、ありがとうございます。

次は更新代が目標のようなので、
良さそうなアルバイトでいくつか見つけたものを紹介する予定です。

もし他にも、都内で、エクセル・ワードが使いこなせなくても大丈夫で、
体力がそんなになくても大丈夫なお仕事を
ご存知の方がいらっしゃいましたら、
紹介して頂ければと思います。
よろしくお願いします。


[PR]
by ami-cosmo | 2007-11-23 23:38 | お知らせ。

「最高」

b0023052_22493928.jpg


むかし、インドに、ジャナカ王という王様とアシャタバクラという大臣がいました。
王様がアシャタバクラに意見を求めると、いつも同じ答えが返ってきます。

 「王様、起こったことはすべて最高でございます。起こらなかったこともそれはすべて最
高でございます」。

 よく意味がわからないながらも、王様は、それを聞くとなんとなく安心することができま
した。王様は、アシャタバクラをほかのどの大臣にも増して可愛がっていました。 しかし、
ほかの大臣たちは嫉妬して、「アシャタバクラのやつ、いつも同じことばっかり言っているく
せに、王様に気にいられている。いつかこらしめてやろうぜ」と虎視眈々とその機会を狙っ
ていました。

 そんなある日、王様が指にケガしてしまいます。大臣たちは、これはチャンスとばかりに
アシュラバクラにたずねました。
 「王様が指をケガしたぞ。おまえはどう思う」
するとアシュラバクラは、いつものようにこう答えました。
 「起こることはすべて最高です」
 大臣たちはそのことを王様に報告し、さすがに王様もそんな言い方をされては心外で、ア
シュタバクラを呼んでたずねました。

 「おまえは私が指をケガしたと聞いて、それは最高なことだと答えたそうだな」

 「はい、王様。いつも私が申し上げているではないですか。起こったことはすべて最高で
ございます。」

 王様は自分がケガをしたことを最高の出来事と言われ、腹を立て、アシュタバクラを牢屋
に入れてしまいました。 その後、王様は狩りに行き、人食い部族にとらえられてしまいま
した。身ぐるみはがされ、火あぶりにするため木にしばりつけられたのです。火をつける前
に、身動きのとれない王様の体を人食い部族たちが確認しています。すると、ひとりが声を
あげたのです。

 「こいつ、指にキズがあるぞ!」

 この人食い部族は、外敵から、自分たちの部族を守るために部族以外の者をとらえ、火あ
ぶりして神に捧げていました。いわば火あぶりは神聖な儀式であるため、神様へ捧げものに
キズがあってならないのです。
 
「指にキズがあるやつを捧げものにしたら大変なことになるぞ!」

こうして王様は間一髪のところで開放されたわけです。宮殿にもどってきた王様は、アシ
ュタバクラを牢屋から出し、あやまります。

 「おまえの言ったとうりだった。あのときわからなかったが、たしかに指をケガしたこと
は最高の出来事だった。ケガをしていたからこそ助かったのだからな。だがしかし、私には
ひとつ後悔していることがある。それをおまえを牢屋に入れたことだ。」

 するとアシュタバクラはにこやかに答えました。

 「王様、私がいつも言っているではないですか。起こったことはすべて最高なんです。も
し私が牢屋に入れられていなかったら、私は王様と一緒に狩に行ったことでしょう。狩とい
えば、私もいつも王様の側を離れませんから、私も一緒にとらわれていたでしょう。私はど
こもケガをしていなかったので、きっと火あぶりになっていたでしょう。ですから、私は牢
屋にいれられてよかったんです。」
それを聞いて王様は悟ったそうな。

[PR]
by ami-cosmo | 2007-11-22 22:52 | 東洋哲学

ハチドリのひとしずく

b0023052_1994033.jpg

森が燃えていました

森の生きものたちは われ先にと 逃げて いきました

でもクリキンディという名の
ハチドリだけは いったりきたり

口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます

動物たちがそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」
といって笑います

クリキンディはこう答えました

「私は、私にできることをしているだけ」



出典・「ハチドリのひとしずく」 光文社刊

[PR]
by ami-cosmo | 2007-11-17 19:08 | 地球環境。

生まれたまんま。

b0023052_0323578.jpg職場の先輩でもあり、
大切な素敵なお友達が、
Willでわたしの似顔絵を作ってくれました。
日記に載せて、と送ってくださったので、
こちらでもご紹介。

Will自体、ほとんどどんなものか知らないのですが、
たくさんある種類の中で、自分のキャラクターを作って、
テニスの試合やボーリングができるものがあるみたい。

イマムーとなずけられたこのキャラクターは、
公開設定になっているため、
すでにお友達ができているらしいです。
わたしの知らないところで、
似顔絵にお友達が。(笑)
不思議な気持ちです。

先日お店のレジにいたら、
突然お客様が、
「あらまぁー、あなた、その髪、何もいじってないのね。生まれたまんまね。
懐かしいわー。」
と話しかけてこられました。
「最近は染めたりされる方、確かに多いですねー。」と返すと、
「わたしなんかの学生の頃は、それが普通だったのにねー。
今は姪もいくら染めるなといっても染めるのよねー。いいおみぐし。」
とのこと。

伸ばしっぱなしで、そろそろ少し切ろうかな、と思ったりしていましたが、
お客様のひとことをお聞きして、
このままでもいいのか、と思ったりしたのでした。

しかし、キャラクターにしてみると、異国情緒がさらに強いですね(笑)。
もし、どこかでイマムーを見つけたら、声をかけてみてくださいね。

[PR]
by ami-cosmo | 2007-11-17 00:07 | 近況・日常

影響力。


b0023052_25333100.jpg
何日か前、影響力について考えていました。

どうも自分自身は小さい頃から、
まわりに影響を与えやすい人のようです。

例えば、小さい頃ならば、

みんなが虫を殺さなくなったこと。




小学生の頃、山で大きな声でさけぶというのを繰り返していたら、
親友が真似し始めて、果ては学校で叫び、先生におこられたこと。

最近では、

花が好きで、花の写真ばかり撮っていたら、
花が嫌いな人が、花の写真を撮るようになったこと。

とくに甘いものが好きじゃない人が、
お菓子作りやケーキのことばかり話していたら、
大のお菓子好きになったこと。

絵を描かない人が、絵を描くようになったこと。

地球環境に興味を持ったり、
心理学に興味を持ったり、

など、他にもいろいろ出てきます。

感謝の気持ちや優しい気持ちで満ちている時は、
それが伝わって、まわりの人にも安らいでもらうことができる。

同様に、その逆もあって、気分の優れない時は、
ダイレクトにそれが影響する。
疲れていたりすると、お世話になっている方への気遣いさえできなくなってしまって、
とても悲しませてしまうこともありました。

そんな時、自分の疲れをとったり、
浄化をはかることが、結果的には安らぎとか、
優しさを与えられることに繋がるんだなと実感します。

試行錯誤なわたしにでも、
「いてくれてありがとう。
とってもたくさんの良いパワーをもらっているよ。」
と、何気ないいつもの帰り道で言われた言葉。

もし誰かにとっても、そんな存在になれているなら、
と思うと、とてもあり難いです。
こちらこそ、ありがとう。

そして、プラスを受け取ってくださる方々のためにも、
疲れをためず、元気を充電しよう、と思うのでした。

b0023052_2525960.jpg
影響は、ひきだしと似ていて、
みんながそれぞれ持っているひきだしの、
どの部分をひきだすかで、
その影響の意味合いが変わってくるのかもしれません。

そういえば小さい頃、宇宙と心をテーマに書いた絵は、
たくさんの引き出しと星たちでした。

人の中に眠る、
素敵な可能性や、
心の輝きのひきだしを、
ひきだせるようになりたいな、と思いました。

[PR]
by ami-cosmo | 2007-11-17 00:05 | 意識の拡大

お知らせ。

b0023052_2495770.jpg

知り合いから、お知らせ伝達のご依頼を頂いたので、
皆様にもお知らせします。

2007年11月19日(月)10時~13時に、
地球のために祈る、というイベントがあるそうです。

その日2000人が集い、
マイナスエネルギーのない状態(ここでは、エゴなどのない状態のことのようです。)
で地球のために祈ることによって、地球に大きな恩恵をもたらすという趣旨のようです。


**********

(パンフレットより転載)


《日時》 2007年11月19日(月) 10時~13時


《場所》

東京会場 ANAインターコンチネンタル東京B1F

名古屋会場 ウエスティン名古屋キャッスル23F

大阪会場  ハイアット・リージェンシー大阪宴会棟3F

九州会場  リーガロイヤルホテル小倉


《参加費》 5000円
      ◎瞑想と記念パーティーがございます。

《定員》  会場全体 2000名
      ◎必ずご予約下さい。一般の方、お友達にお声かけください。

*************

ちなみに、東京は1000人集まるのが理想的なのだそうですが、
今はまだ6000人とのことで、当日参加も受付するようです。

わたしは参加しないのですが、
もしご関心ある方は行かれてみてください。

b0023052_2501154.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2007-11-17 00:00 | お知らせ。

足湯

b0023052_23221895.jpg
今日はお店の店長からお電話があり、お休みを頂きました。
ありがとうございます。その心遣いに感謝。

さすがに自然食品屋さんだけあって、みんな詳しくて、
昨日、げほげほ咳をしながらお仕事していたら、「プロポリスがいいよ。」とか、
「はらまきをしたら良いよ。」とか、いろいろと教えてくださいました。

風邪や扁桃腺炎になると、最終的に病院のお世話になることが多かったわたしですが、
今回は症状がだいぶ早く治まってきました。
治まったというか、出し切ったというか。
症状を無理に抑え込もうとはせず、自然に治すことを意識してみました。

わたしが今回やってみたことは、ねぎを巻く、ティーツリーオイルを焚く、
生姜湯を飲む、など様々ですが、
中でも足湯はとても温まり、効果があったように思います。

足湯や他の療法を、お世話になっている賢者が送ってくださったので、
こちらでもご紹介させて頂きます。




● 蒸しタオル法

① タオル(普通サイズ85cmx35cmくらい)の厚手のものを使います。
② 熱湯に充分浸してから、対角線上で折り、その両端を持ってねじりながら
しぼります。熱いのでゴム手袋をはめるのも良いでしょう。
(電子レンジなら、水を含ませて軽くしぼったタオルを1~1分半くらい加熱します。)
③ 患部に当てます。
④ 当てたタオルが冷たくなったら、もう一度①~③をくり返します。

 ポイントは、一般的な温熱療法と異なり、温めて徐々に冷まし、をくり返すことで、温冷
の両方の刺激を与えます。それによって、一定の温度でただ温めるだけの場合より、はるか
に高い血液循環の促進作用が得られます。(因みに温冷浴として熱い湯と冷たい水に交互に1分間ずつ入浴する方法があります。)

 カイロでは長時間熱いままですから、血管や筋肉などの皮下組織が緊張したままになり、
かえってこりや低温やけどを誘発させる原因になってしまうのです。一方、蒸しタオルは、
徐々に冷めていきます。そのときに「熱い」緊張から、冷めていくとともに血管が拡張して
血液が流れやすく「弛緩」するのです。

1.後頭部にあてる

 もっとも基本となる当て方で、後頭部、首の付け根のへこみ(盆のくぼ)から首にかけて
タオルを当てます。4~5分するとタオルが冷めてくるので、そのタオルを再度温めて、3~5回繰り返します。
 大人であれば8時間おき、子供なら6時間おきにします。特に頭痛、風邪、発熱、うつ、
無気力、歯痛、中耳炎に効果的です。

2. 患部に当てる

 アトピー性皮膚炎やぜんそく、眼精疲労、関節炎、肩こり、腰痛などでは、患部に直接蒸
しタオルを当てると効果的です。当て方は、1と同じ要領です。又、お腹や背骨への蒸しタ
オルも効果的です。発汗することで、その中に詰まった余分な代謝物が押し出されます。

◎ 夏でも汗をかけない人の入浴法

 最初は、38度くらいのお湯に浸かります。途中で体を洗うなどの間を置きます。この間に
湯温を上げ、二度目は42~43度の熱めのお湯につかります。いわゆる二度湯のような形で、
湯温の変化が、発汗を促します。

◎ 足湯

 くるぶしの中央まで両足をお湯につける方法で、腎臓が弱っている人や脱腸、手足の冷え、
扁桃炎、のどの痛み、婦人科系の疾患、足の疲労などに効果があります。
 4~6分の短時間で熱め(子供45~46度、大人47~48度 あくまでも目安、疲労の度合いによって異なる)のお湯につかり、じんわり汗を
かいてくるのが特徴です。汗が出てこない場合には、2~3分長めに行って下さい。お湯から
足を出したとき、真っ赤になっていれば終了です。もし、片方だけしか赤くならない場合に
は、赤くなっていないほうだけ2~3分を目安に、さらに継続してください。尚、温度を保つ
ように、途中で湯をたすなりして下さい。

◎ 脚湯

 消化器系の弱っている人に効果的な方法で膝の中央までお湯につけます。要領は足湯と同
じです。

◎ 手湯

 手首までお湯につけます。手の冷え、手の疲れ、目、鼻、耳、頭の過敏状態等に効果があります。要領は足湯と同じです。

◎ 肘湯

 肋間や大胸筋の硬直をゆるめる効果があるため、気管支や肺などの呼吸器系疾患、心臓の
痛み、肋間神経痛、寝違いなどに効果的です。少し大きく深めの容器を用意し、指先から肘
までお湯につけます。要領は足湯と同じです。

◎ 腰湯

 いわゆる半身浴です。腰から下に疾患のある人や術後の経過が悪い人に適した方法で、腸
骨の上端あたりまでつかり、お湯につけている部分が真っ赤になるまで行ないます。




蒸しタオルも、喉が痛い時に当てたら、じんわり暖かくて良かったです。
これから冷え込む季節なので、是非足湯や蒸しタオル、されてみてくださいね。

b0023052_23224131.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2007-11-10 23:19 | 東洋医学

「 The Secret 」

b0023052_1481262.jpg

お友達がとても良いと紹介してくださったお話、「 The Secret 」 。
本当にとても良いです。
少し前にDVDが日本で公開になって、
書籍も出版されたようです。


過去の賢者や、数少ない人たちが理解し、
使っていた引き寄せの法則。
わたしたちが心で思い描いたことが、
まさに起きている、ということを、実例を挙げて紹介しています。

この映画では、

秘密の使い方、 強力なプロセス 、お金に関する秘密、  

人間関係に関する秘密 、健康に関する秘密、 世の中に関する秘密  

自分に関する秘密、人生に関する秘密

という順で紹介されています。  

b0023052_1491248.jpg


職場の人にDVD化したものを差し上げたところ、
とても喜んで頂いて、お母様にもお見せしたとのことでした。
お母様もとても喜んでくださって、みんなに見せるとおっしゃっていたとのこと。

職場でDVD持っていない方もいらして、
とても興味があるとおっしゃっていたので、
テキスト版を差し上げたら、とても良かったとおっしゃっていました。

スピリチュアルな機関紙、スターピープルでも特集されているようです。

何よりとても心が清々しく、明るく前向きになります。
すべての悩める人、前向きに進もうと努力している人、
世の中の人すべてに見て頂きたい作品です。


(The Secret ザ・シークレット DVD 最初の20分)


(The Secret to You シークレットからの贈り物)
b0023052_1492579.jpg

[PR]
by ami-cosmo | 2007-11-07 23:48 | 意識の拡大

アースガーデン

b0023052_1383668.jpg
少し前に、アースガーデンに行ってきました。
わたしの働いているお店も出店するとのことで、
職場の人から「是非行かれて、いろいろ見て来てください。」
といわれていたのでした。

土日に行われたアースガーデン。
一日目の土曜日は雨。

この日わたしはいつもの店舗でお仕事でしたが、
職場の人はランニング一枚で頑張っていたようです。
さすがに帰ってきてからは机に突っ伏しぐったりとされていました。
こんなに頑張った人にいわれたんだから、行かなきゃ、と思いました。
その方は、アースガーデンのために、ずっと準備したり、
にんじんの収穫に行かれたりしていました。

b0023052_139735.jpg
成果あってか、日曜日は晴れ。
わたしは日曜日に見てきたのですが、
お店の葉つきにんじんを、歩く人みんなが持っていたり、
かじりながら歩いている人も多くて、嬉しかったです。
国産の有機野菜がとっても似合う場所。
とても平和な空気が漂っていました。




布良という、石鹸やシャンプーなしで、髪や体が洗える綿のお店に通りかかりました。
ごわごわしてきたら台所用、雑巾、果ては土に還るのだそう。
なんとも有機的。そして触ってみると、ふわふわしていました。

あとは、タオ指圧のチャリティーマッサージのブースがあったり、
チベットの塩屋さん、フェアトレードの雑貨屋さん、
また、民族楽器を使ったコンサートも行われていました。

人がたくさん集まっているのに、
単なる宴会と違って、
ゴミなどがほとんど落ちていませんでした。

こういうイベントがいつも行われていたら、
みんなが、自分のいのちがあらゆるものに助けられていて、
一部なんだと感じられるのかなと思いました。


さて、最近わたしは数日前から扁桃腺の腫れが出て、
それが治まってきて風邪のような感じ。
今回は自然に治したくて、
いまのところ病院や薬には頼らずにいます。

心なしか安らぐ気がして、ねぎをまいたまま職場に行きましたが、
誰も気づかず。
お仕事おわってから、カミングアウトしたところ、
「ええええーーーーーーーーーーーー!?」
とみんながみんな、すごい声を出して驚いていました。
「未だにそんな民間療法を実行している人が、ここにいるなんて!!」 と。

今日はmari姉さまにお会いしたけれど、(この間もお会いしたけれども)
やはりのど腫れていらっしゃるようで。
なぜかいつも同じ時期に風邪を引くという不思議現象であります。

急に寒くなり始めて、(それでも暑い日もありますね。)
冷えたりもすると思うので、
みなさまも暖かくして、お体ご自愛くださいませ。

[PR]
by ami-cosmo | 2007-11-07 23:34 | 自然派。